手塚とおる、『さんま御殿』の本番中に突如カツラを外し明石家さんまも絶句「なんで突然…」

文:Quick Timez 編集部
俳優・女優
スポンサーリンク

(※画像はイメージです)

22日に放送された「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系列)。

俳優の手塚とおるさんが出演しました。

手塚さんは、本番中にエピソードを話している流れでいきなり自身のカツラを脱ぎ出し、スタジオを騒然とさせます。

スポンサーリンク

手塚とおる、『さんま御殿』本番中に突如カツラを外しスタジオ騒然

22日に放送された「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系列)。

俳優の手塚とおるさんが出演しました。

この日のテーマは「気にしない芸能人VSイロイロ気にする芸能人」で、手塚さんは「気にする」側として出演。

女優の中田喜子さんが、ドラマでリハーサルのたびにヘアセットしてくれたヘアメイク担当が、乱れた中田さんのヘアスタイルを見て嘆いたことから、芝居に集中できなくなったというエピソードを披露します。

その流れで、手塚さんも「いま髪の毛を役で白くしてる」と説明して、ブリーチのため髪が切れたりすることがあると明かし、前髪が切れたりするとして「これカツラなんです」と、おもむろに髪に手を伸ばして、取り外します。

スタジオからは「えー」と悲鳴が巻き起こり、MCの明石家さんまさんも「なんで突然(カツラを脱ぐなんて)」と絶句します。

手塚さんは「気になって。(前髪が)短いのが」と、髪色ではなく長さに納得いっていない表情を見せたところ、さんまさんからの「こっちでいいですよ」と短いバージョンでも不自然ではないと伝え、共演者らも笑顔で賛同。

それでも手塚さんは「これだと短いじゃないですか。バランス的に」と独特のこだわりを貫きました。

スポンサーリンク

カツラもウィッグも身だしなみの一つで恥ずべきことは何もない

今回、本番中に突然カツラを脱ぎ出し、共演者らを仰天させた手塚さん。

自身が「カツラ」と口にしたこともあり、スタジオの空気は、一瞬、凍りついたかに見えましたが、さんまさんのフォローと温かい共演者らの視線ですんなりと次の話題に移ります。

ネットにも

《実際は前髪に少しエクステンションを付けていただけで、外しても正直、そんなに変わらない》

《身だしなみの一つで化粧したりするのと同じ》

《手塚さんのは前髪だけのウイッグとかエクステの感じ。外しても違和感がないくらい》

として、概ね問題ないという書き込みが目立ちました。

脇役として振り切った役だけでなく、嫌味な役から凡庸な雰囲気の大臣役など様々な役柄を演じ分け、ファンの多い手塚さん。

本番中に突如としてデリケートな頭髪問題に触れる思いきりの良さで、存在感を示した様です。

(文:Quick Timez編集部)