当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

宮川大輔「歯も舌もめちゃくちゃ磨いたんです」映画で初のキスシーンを迎えるも幻に

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事通信フォト

2日に放送された「中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん」(TBS系列)。

お笑いタレントの宮川大輔さんが「わたしの初告白」として、映画で初めてキスシーンをすることになったことを振り返りました。

スポンサーリンク

宮川大輔、気合を入れた「キスシーン」は幻に

2日に放送された「中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん」(TBS系列)。

お笑いタレントの宮川大輔さんが出演しました。

「わたしの初告白」を求められた宮川さんは、「けっこう前なんですけど、映画で初のキスシーンをやることになって。1週間くらい前からタバコも控えて、歯も舌もめちゃくちゃ磨いたんです」とキスシーンへの意気込みから、律した生活を振り返ります。

初のキスシーンということもあり、相当に気合が入っていたものの「当日、現場に行ったら突然『そのキスシーンは要らない』って言われて…。初キスシーンがなくなったという残念な話でした」と笑いながらことの顛末を明かした宮川さん。

しかしその後、「別の作品で初キスシーンさせていただきました」とうれしそうに語る宮川さんに対し、中居さんは「キスした話をした瞬間、(口から)泡出ちゃってるよ」と軽快にツッコミを入れ、「泡出ちゃってる?きったない男ですね」と自身を笑い飛ばすなど、リベンジが叶うも現実を冷静に受け止めていました。

スポンサーリンク

宮川大輔、元々は役者志望?演技もこなす人気芸人

宮川さんは吉本興業所属で、以前は星田英利さん(旧芸名:ほっしゃん)とコンビを結成していましたが、方向性の違いにより1999年7月にコンビを解消。

「人志松本のすべらない話」(フジテレビ系列)の2004年の初回放送から毎回出演していることでも有名で、お笑いのイメージが強い方も多いでしょう。

お笑い芸人出身ながらも演技の評価は高く、クセのある役柄も標準語であろうとも見事に好演を見せるなど、その実力は確か。

今では、宮川さんの代表番組ともいえる大人気バラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」で、様々な企画を担当しています。

役者としても芸人としても、求められるものにはアグレッシブに取り組む。

そんな姿勢の宮川さんだからこそ、たくさんのオファーがあるのですね。

(文:Quick Timez編集部)