当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

『水ダウ』、矢口真里と遠野なぎこが絶縁となったきっかけのドッキリ放送で視聴者絶句「震えが止まらない」

スポンサーリンク
TV番組

画像:時事

8日に放送された「水曜日のダウンタウン」(TBS系列)。

矢口真里さんへのドッキリに視聴者から同情の声が寄せられていました。

スポンサーリンク

『水ダウ』、矢口真里への検証が壮絶すぎて視聴者絶句

8日に放送された「水曜日のダウンタウン」(TBS系列)。

過去に放送された「音楽にまつわる説」を一挙に大放送した今回。

元女性アイドルでタレントの矢口真里さんがドッキリを仕掛けられた「説教カラオケの説」のあまりにも酷すぎる内容に、再放送とはいえ視聴者からは同情の声が多数寄せられました。

今回、再放送されたのは2017年に同番組で放送された「矢口真里、説教食らった後にカラオケで『恋のダンスサイト』(2000)歌われてもさすがに『セクシービーム』入れづらい説」。

当時、飲み仲間として親交のあった女優の遠野なぎこさんとカラオケを楽しむも、開始1時間後に突如として遠野さんからから説教ドッキリを掛けられる矢口さん。

時事ネタに明るくない事やスタッフの意見を代弁という形で勉強不足を促すなど、矢口さんは言い返すも号泣する事態に。

遠野さんはドッキリの仕掛人である事から、モーニング娘。の「恋のダンスサイト」を歌い出し、矢口さんが決めゼリフの「セクシービーム!」を口にするか見届けますが、泣きじゃくっている矢口さんは無反応。

再放送だけにこの後の展開を知っている視聴者とはいえ、

《矢口真里がドッキリにかけられる映像が流れたけど、共感性羞恥が理由で観れなかった》

《震えが止まらない》

《何度見ても笑えないよ》

《これ酷かった。流石に看過できない》

など、因縁の再放送にざわついた視聴者からの書き込みが多数寄せられました。

スポンサーリンク

放送当時、好嫌がはっきりと分かれた企画も今回は同情が多め

番組の企画にも関わらずガチ喧嘩に発展し、ネタばらし後は互いに号泣して抱き合うといった展開となったこのドッキリ。

しかし、遠野さんはその後、気まずくなりわだかまりは解消されないまま疎遠になってしまったとテレビ番組で語るなど、まさに因縁のある放送内容です。

2017年の放送当時は、「神回」、「お腹抱えて笑った」などの評価があった一方でテレビではお見せできないマジな喧嘩だったことから、早送りとなったVTRを見て「険悪すぎて見てられない」など好嫌が分かれました。

しかし、改めて放送され遠野さんと矢口さんの間にはいまだ疎遠のままと言われている事から「この番組に関わると踏んだり蹴ったりだな」「あれはどっちも可哀想」という同情もみられるなど、ドン引きした視聴者が多かったよう。

「ドッキリ」が「ガチ」の結果を引き起こしてしまっただけに、この放送をきっかけにお互いが仲直りしてくれるといいのですが。

(文:Quick Timez編集部)