当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

益若つばさ、『避妊リング』に関する動画を投稿し物議「違和感覚える」

スポンサーリンク
タレント

画像:時事

9日に自身のYouTubeチャンネルに新たな動画を投稿した、タレントの益若つばさん。

益若さんは「避妊リングミレーナを入れました」とキャッチーなフレーズで動画を配信。

「避妊」という際どいワードをチョイスしたことで、誤解をあたえるのではないかと懸念する書き込みが多数寄せられました。

一体、益若さんはどのような意図があったのでしょうか。

スポンサーリンク

益若つばさ、「避妊リング」に関する動画を投稿し物議

9日に自身のYouTubeチャンネルに新たな動画を投稿した、タレントの益若つばさん。

益若さんは「避妊リングミレーナを入れました」とキャッチーなフレーズで動画を配信。

自身の子宮内に避妊リングを入れたことを公表しました。

「避妊リングミレーナ」とはT字型の避妊器具を子宮内に入れることで、避妊だけでなく生理過多、PMS、生理痛の軽減に効果があるとされているもの。

益若さんも、生理不順や重い生理痛のため装着を検討し始めたそうです。

しかし、強烈なインパクトのあるネーミングのため、妊娠の心配をしたくない故の行為と男性側に誤解を与えるのではと、動画を見た視聴者からは

《益若つばさちゃんのミレーナのニュース、中身はいいと思ったんだけど、「避妊リング」というタイトルがちょっと偏ってて違和感覚える》

《何でいちいちこんな事まで公にするのか理解不能》

《避妊リングってなんだ?と思ったらミレーナのことなのね。紛らわしい言い方だわ。》

《なんのこっちゃと動画見たけど「避妊リング」って言葉はアホな男どもの勘違いを生んでそう》

《この名前じゃ、「妊娠の心配もなく、バンバンやれます!!」って思ってしまうね。》

《男子の圧倒的場違い感半端ない》

《形状だってリングじゃないし、目的も避妊に限ったものでもない。なんで避妊リングって呼ぶんだろ。》

《避妊目的じゃなくても、ミレーナやピルのことを避妊具って言われちゃうのは、婦人科の実情が世の中では理解されてないんだなってがっかりする。》

など、女性と男性での受け止め方の違いや認知度の低さを指摘する声が多数寄せられました。

スポンサーリンク

「避妊リング」ネーミングに抵抗感、益若つばさも同意を示す

今回、益若さんが装着した「避妊リングミレーナ」ですが、自身のTwitterでも取り上げており「避妊リング」の名前に懸念点があることに同意しています。

避妊だけでなく、自身のホルモンバランスと上手に付き合っていくためのものであり、ネーミングには再考の余地有りとの思いを投稿。

YouTubeでは「避妊リングミレーナをした=コンドームをつけなくていいわけではない」、「避妊リングではあるが、妊娠を希望した場合、病院で外せばまた元の状態に戻り妊娠が可能である」「避妊だけではなく生理過多や生理痛、PMSの緩和などの治療もあり、ピルと同じで選択肢の一つ」と、避妊リングについては男女関わらず広く知って欲しいと呼びかけました。

最後に、「みんなで色々なことが世代性別関係なくパートナー、友達、親子でもポジティブに話せるようになりますように」と締めくくった益若さん。

視聴者からは「つばさちゃん話してくれてありがとう!避妊リングって避妊の為だけかと思ってた。生理の量とか痛みの緩和にもなるんだね。」と理解を深めるきっかけとなった声や、体験者からの声も続々と届けられるなど、大きな反響を呼んだ今回の投稿。

際どいネーミングだけに、理解が深まるきっかけとなれば益若さんとしてもこれほど嬉しいことはないでしょう。

(文:Quick Timez編集部)