当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

松本人志、ネットニュースを網羅してる?『ワイドナショー』での意外な発言に視聴者ビックリ

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

9日に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系列)。

松本人志さんが(ダウンタウン)コメンテーターとして出演しました。

松本さんはお笑い芸人でボディビルダーのなかやまきんに君に対して「さん付け」など敬称をつけなくてよいと発言。

その際、先日ネット記事で話題になったニュースを引き合いに出した事から、視聴者の間でにわかにザワつきがおきました。

一体、松本さんは番組内でどのような発言をしたのでしょうか。

スポンサーリンク

松本人志はネット記事を網羅!?意外な発言に視聴者ビックリ

9日に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系列)。

ダウンタウン・松本人志さんがコメンテーターとして出演し、お笑い芸人で先日ボディビル大会で優勝したなかやまきんに君がスタジオ出演について言及をしました。

既に大会から数日経過しているため、体はベストな状態ではないと言うものの、出演者らは「余分な脂肪がなくて凄い」「僕から見たらめちゃくちゃ凄い」など絶賛の嵐。

厳しい食事制限や、緊急事態宣言の中、大会が開催されるか否かというギリギリの精神状態のなかモチベーションを保たねばならなかったなど、大会前の苦しい胸の内を明かしたなかやまきんに君。

初登場のワイドナティーン・新嘉喜由芽さんがMCからコメントを促されると、新嘉喜さんはなかやまきんに君のことを「さん付け」で呼び、質問や感想を話します。

すると松本さんは「さん付け」など敬称をつけなくてよいと発言。

さらに「スピッツやないねんから」と付け加えると、周りは失笑。

MCを務める東野幸治さんは、本題から逸れる事を考慮し「ややこしくなるので」と強引に話題を変えます。

この一件、上白石萌歌さんが4人組バンドの「スピッツ」を呼び捨て発言し、敬称を付けない事が失礼になるのではなど、ネット上で波紋が広がっていたことに絡めて言及した事を受け、視聴者から

《松本もスピッツネタ知ってたんや笑周り知らんからウケてなかったけど》

《「きんに君『さん』はいらんよ!スピッツじゃないんやから」って……………松っちゃんも結構ネット記事読んでるんですね》

《松本人志「きんに君さんはいらんよ、スピッツやないんやから」 しばらくネタにされるスピッツ 笑》

《まっちゃん出すとか、ネットニュース見すぎやろ》

《これはマジで瞬発力あるコメント》

など、タイムリーなネタを挟んできた事への瞬発力の高さや意外性を指摘する書き込みが寄せられました。

スポンサーリンク

松本人志、瞬発力の高さは情報収集力の広さ故?

10代のコメンテーターの女性は、話しを振られたとき相手に失礼にならないようにと、あえて芸名の後に敬称を付け話していたように見えました。

それをとがめる形でなく、自然な形で敬称は不要であると「スピッツ」での物議に絡めて発言した松本さん。

引き合いに出したたとえがあまりにもタイムリーで、恐らく松本さんの意図する事が全て凝縮されている内容をチョイスした瞬発力の高さゆえ、改めて斬新で天才的な頭の回転を持つ松本さんの芸風に、視聴者は思わず唸ってしまいました。

「笑いは生き物である」という確固とした考えをもっている松本さん。

それはすなわち「笑いの現場は常に生き物のように動いているため、どんな状況になるかはやってみないとわからない。そんな環境ではじめから用意した笑いなんか面白くない」という考えで、相方の浜田雅功さんと大阪で漫才をしていた頃から常にアドリブで勝負してきています。

その生き物である笑いを生むため、常に全方向に対してアンテナを張っている事が分かった瞬間でした。

(文:Quick Timez編集部)