当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

どぶろっく、『水ダウ』で披露したネタがあまりにも過激でモザイクがかかる自主規制に「めっちゃ気になる」の声

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

3月24日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBSテレビ系)。

この日は、芸人達が30秒でどれだけ笑わせられるかを競う「30-1グランプリ」が放送され、出場者の一組としてお笑いコンビ・どぶろっくが出演。

しかし、あまりに過激なネタだったため番組からの自主規制ということでほとんどモザイクがかかった状態で放送される事態となりました。

視聴者からは「どぶろっく、何したん」「ネット配信でいいから見せてくれ」など注目が集まったようです。

どのような内容だったのでしょうか。

スポンサーリンク

「水ダウ」、どぶろっくのネタがあまりの過激さに自主規制

3月24日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBSテレビ系)。

この日は、芸人達が30秒でどれだけ笑わせられるかを競う「30-1グランプリ」が放送され、エントリー総数656組を勝ち抜いた40組の芸人出場者達がネタを披露しました。

ロバートやチョコレートプラネットなど人気芸人から、まだあまり知られていない芸人まで数多くの芸人がトーナメント形式でネタを披露し、番組は大盛り上がりとなりました。

その中の一組として、お笑いコンビ・どぶろっくもこの企画に参加。

しかし、あまりに過激なネタだったため番組からの自主規制ということでほとんどモザイクがかかった状態で、エキシビジョン扱いとしての放送となりました。

どぶろっくの森慎太郎さんがギターを抱えて歌う中、江口直人さんは全身モザイク処理されるという異例の事態に。

これを見た視聴者からは

「どぶろっく、何したん」

「どぶろっくのネタめっちゃ気になるんだが」

「どぶろっくのモザイクがピークで笑ったかもしれない。何したんだ。」

「どぶろっくのモザイクんとこはアレなんやったんやろ、めっちゃ気になってきた」

「エキシビジョンだったけど、真の優勝者はどぶろっくだろw」

「個人的にはどぶろっくが優勝だわww票入れられないわ草すぎて笑うwww」

など、SNSを中心に大きな注目が集まりました。

スポンサーリンク

どぶろっくが披露したネタの内容は? モザイク無しでの配信を期待する声も

今回、過激なネタを披露し全身モザイク処理という異例の扱いをされてしまったどぶろっく。

発表されていたネタのテーマは、「どんな動物とも…」というもので、「どんな動物でも倒すことができる武井壮さんに対抗して、どんな動物ともメイク・ラブすることができます」という江口さんの言葉から始まっていました。

「それではライオンとのメイク・ラブ実演します」といってネタを始めたものの、そこからは全身がモザイク処理され、その後のシーンがカットされて終了。

視聴者はネタの全容を見ることが出来ず中途半端に隠されてしまったため、余計に気になった視聴者も多いようです。

「ネット配信でいいから見せてくれ」

「こういうのParaviでやってくれよ」

「どぶろっくのネタみたいな」

どぶろっくの爪痕の残し方エグいな

など、モザイク無しのネタ配信を希望する声も見られました。

斬新なネタ披露で視聴者の心をバッチリ掴んだどぶろっく。

次は何を見せてくれるのか、再び注目が集まりそうです。

(文:Quick Timez編集部)