当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

石井亮二アナ、猛烈なバッシングで落ち込む?現れた異変に「大丈夫?」と心配の声

スポンサーリンク
アナウンサー

画像:時事通信フォト

今夜10時の放送で最終回となるドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の出演者が登場した16日の「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」(TBS系)

菜々緒さんら豪華出演者らへのインタビューを番組MCの石井亮二アナウンサーが行いましたが、石井アナのある「異変」を指摘する視聴者が続出する事態に。

スポンサーリンク

石井亮二アナ、『ボス恋』出演者らにリモートインタビュー

16日、夜10時に最終回を迎えるドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」に登場する上白石萌音さんらが「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」(TBS系)にリモート出演。

番組MCの石井亮二アナウンサーのドラマに関する質問に回答しました。

放送終了間際、右手のひらをカメラに向ける「ゴゴスマポーズ」を取りながら登場した上白石萌音さん、菜々緒さん、Kis-My-Ft2・玉森裕太さんの主演3人。

出演者らの粋な計らいに石井アナも「ゴゴスマポーズ。ありがとうございます」と、笑みをこぼしました。

ただ、石井アナのインタビューには「それは観ていただければ」の一点張りで見どころをなかなか明かさない出演者ら。

「上白石さん、今回もキュンキュンシーンがたくさんありました。最終回もキュンキュンシーンはありますでしょうか。どうでしょうか」と、ドラマ最大の特徴にも上白石さんは「それも観ていただければ」とそっけない態度。

「ちょっと待って。何も情報を得られない」と、出演者らのちょっとしたイタズラに苦笑しました。

しかし最後には、菜々緒さんが「私はSNSのコメントを見させていただいた時に、意外と皆さん予想が外れているなという印象が強いので意外な展開を期待していただければなと思います」と、視聴者の予想とは異なる展開ということを示唆。

菜々緒さんの言葉に「ちょっとヒント出ましたね」と、石井アナは安堵の声を漏らしていました。

スポンサーリンク

猛烈なバッシングで落ち込む?「元気ない」

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の出演者らへ、リモートインタビューを敢行した石井亮二アナウンサー。

しかしドラマの見どころよりも番組を観ていた視聴者は、石井アナの態度が気になった様子で

「石井さん、なんか元気なくない?」

「石井アナ今日元気ない…応援してます!」

「視聴者は結構、石井さんの落ち込み具合に気づいてるなあって」

「石井アナ、声に覇気がない。嫌味のない人だからもっと元気でいてほしいのに」

などと、石井アナにいつものような覇気がないことを指摘するコメントが相次ぎました。

なぜ、石井アナに覇気が内容に感じられたのか。

「昨日、関西地区で放送が開始となった『ゴゴスマ』ですが評判は思いのほか良くなかったんですよ。特にターゲットとなったのは石井アナで『宮根誠司と違いがわからない』、『あの声を聞いてられない』などと厳しい声が飛び交いました」(芸能ライター)

昨日、20年以上つづいた「ちちんぷいぷい」に後番組として関西地区(MBS)で放送が始まった「ゴゴスマ」。

しかし、「ちちんぷいぷい」の影響が色濃く残ったことで批判の声も多く上がることに。

さらに、石井アナがその厳しい声に気づいたと思われる背景については、

「石井アナは過去、ハートが弱いにもかかわらずエゴサーチすると自分の評判を確認する習慣があることを告白していました。なので悪評を目にした石井アナが落胆しているのではないか、という声が上がったのだと思います」(同ライター)

今月末には長崎地区でも放送が開始される「ゴゴスマ」。

中部地方から全国に拡大する番組として石井アナは自信を持ってもいいのではないでしょうか。

(文:有馬翔平)