当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

松田丈志、森喜朗氏を支離滅裂な擁護で大炎上「保身に走るクズ」「忖度してる場合じゃない」

スポンサーリンク
スポーツ選手

画像:時事

先週、相次いで失言を口にして謝罪会見を行った森喜朗氏に東京五輪のスポンサーから苦情が殺到していることを伝えた10日の「スッキリ」(日本テレビ系)。

依然として森氏への批判が続く森氏に対して、番組コメンテーターでJOCアスリート委員の松田丈志さんが持論を述べました。

スポンサーリンク

元競泳選手・松田丈志、現場で見ていた森喜朗氏の失言にコメント

10日、先週相次いで失言を口にしたことに批判が集まり謝罪会見を開いた東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗氏に依然厳しい声が続いていることを「スッキリ」(日本テレビ系)が取り上げ、番組コメンテーターの元競泳日本代表・松田丈志さんがコメントを発信しました。

先週、JOCの臨時評議会で「女性は競争意識が強い」という発言を口にした森氏。

森氏は謝罪会見を行い失言を撤回、しかし会場の記者らとの質疑応答で苛立った様子を見せるとさらなる批判を呼んだのでした。

そして失言から1週間経過しても批判は収束せず、パナソニック株式会社やJR東日本などと大会スポンサーからも「不適切」、「大変遺憾」からも抗議が上がり、また一度は「問題は終わった」と声明を出したIOCも「発言は不適切」と当初とは真反対の声明を出す事態に。

四面楚歌の様相を呈してきた森氏の発言をめぐる騒動に、発端となった臨時評議会にオンラインで参加していたという松田さんは「発言自体は不適切」とバッサリ。

しかし「謝罪もして撤回もしてこれ以上糾弾することに意味がないと思っている」と依然として続く批判にも懐疑的な意見を示しました。

さらに森氏が大会の多大な功績を寄与してきたことに「車いすで視察している姿も、杖をついて視察しにきている姿も見ている」と述べたた上、「スポーツ界全体が森さんに頼り過ぎていたんじゃないかな」、「若い世代もスポーツ界を背負える人材にならなければならない」と、森氏一人に「おんぶにだっこ」状態だったスポーツ界の意識改革の必要性を訴えたのです。

ただ森氏が件の発言を口にした際、周囲の反応について番組MCの加藤浩次さんから質問が及ぶと「オンラインだったので音声が悪かったので、ちょっと聞こえづらかった」、「40分もあったので、耳を立てて僕らも一言一句漏らさずに聞くという状況ではなかった」と、即座に是正できる状況でなかったと回答しました。

スポンサーリンク

森喜朗氏の擁護に賛否「保身に走るクズ」「その通り」

森喜朗氏の失言に対して、「森さんに頼りすぎていた」とスポーツ界全体の問題を指摘した松田丈志さん。

すると松田さんのコメントに、番組を観ていた視聴者からは「よく言った」、「森会長を支持する」などと支持する声が上がった一方、反発する様子の視聴者も。

「なんか立場を守るのに必死な感じがアリアリだな」

「こいつヤベェな…ネット回線が悪かったから止められなかったって自己保身のクズ」

「忖度してる場合じゃないでしょ」

「この人、森さんを批判したいのか擁護したいのか中途半端すぎて何言ってるかわからないんだよね」

「喋る予定じゃなかったけど、マイク渡されて仕方なく喋ったら失言しちゃったから許してね…と聞こえるよ松田くん」

「なんなんだこのコメントは!松田はどっちつかずか?八方美人はヤメロ!」

「松田さんの発言にビックリしている…あなた自身が忖度している。そういう方か」

などと、批判も殺到し賛否両論の事態に。

森氏の騒動に保身に走るシーンもあった松田さん。

関係者のこのような行動が今回の騒動を長引かせている原因ともなっているようです。

(文:有馬翔平)