当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

デーブ・スペクター、長引く森喜朗氏への批判に苦言…「マトモ」「おまえも同じ」などの賛否が

スポンサーリンク
タレント

画像:時事

先週、相次いで口にした失言で森喜朗氏が謝罪会見を行ったものの、国際的な人権団体などからいまだ批判が寄せられていることを扱った10日の「とくダネ!」(フジテレビ系)。

IOCも態度を一転させるなど風当たりが強くなっていることに、番組プロデューサーのデーブ・スペクター氏がコメントを発信しました。

スポンサーリンク

デーブ・スペクター、連日の森喜朗批判に苦言「過剰になっている」

10日、先日相次いで口にした失言によって謝罪会見を行った東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長・森喜朗氏へいまだに批判が寄せられていることを取り上げた「とくダネ!」(フジテレビ系)で、番組コメンテーターのデーブ・スペクター氏が過熱する批判で苦言を呈しました。

「女性は競争意識が強い」との趣旨の発言をJOC臨時評議会で口にした森氏。

批判を受けて謝罪会見を行い失言を撤回。

しかしその後会場に集まった記者らとの質疑応答で苛立つ様子を見せたことで、さらなる批判を呼び1週間経過した現在も収束する目途が立っていない状況です。

さらに一度は「問題が終わった」としたIOCも「不適切な発言だ」と態度を一変。

国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」のミンキー・ウォーデン氏も「日本の性差別に金メダルを」などと海外からの風当たりも強くなっています。

するとデーブ氏は「森さんのキャラクターを見て反応しているだけなんですよ。色んな団体が、言い方悪いですけど便乗してネタにすることも多いわけですから」、「ちょっと冷静ではなくなっている。ちょっと過剰になっている気がする」と、長引く批判に苦言を呈したのでした。

そして「軽率な発言だったのは間違い」と森氏の発言に対しても批判を向けつつも、「山下さんの言う通りウケ狙いの発言だったわけですよ。男尊女卑の教育を受けた森さんですから、あまり意外な発言ではなかった」、「ここまで騒いで何に向かっているのか。中止したいのか、森さんだけ辞めさせたいのか。ちょっとわからないですね」と連日の報道に首を傾げました。

スポンサーリンク

「過剰になっている」発言に賛否

収束する目途の立たない森喜朗氏への批判について、「過剰になっている」と苦言を呈したデーブ・スペクター氏。

するとデーブ氏の発言に対して番組を観ていた視聴者は反論、

「そりゃおまえは男だもんな!騒ぎすぎとか言えるもんな!関係ないもんな!マジで腹立つ!!」

「デーブのコメント聞いて、ああコイツも森と同じ人間なんだと思って、心底ガッカリした」

「森を一生懸命擁護しているようにしか見えない」

などと、批判的なコメントが寄せられました。

その一方で、森氏の状況に同情を寄せている視聴者からは賛同を得られたようで、

「デーブ、珍しくまともなこと言ってるじゃないか」

「デーブが正論言っててビックリ!どうせ森会長のことこき下ろすんだとばかり思ってたから」

「『過剰になっている』おしゃる通りで。デーブさんを見直しました」

などと支持の声も。

批判が上がっている一方、森氏の失言を「マスコミの切り取り報道」と主張する層が一定数存在する件の騒動。

デーブ氏への相次いだコメントは、国内が分断されていることを表す形となりました。

(文:有馬翔平)