当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

森永卓郎、森喜朗氏を『粗大ゴミ』扱いし大炎上「公共の電波で許されるのか?」「人権侵害」

スポンサーリンク
タレント

画像:時事通信フォト

昨日、ここ数日で失言を連発した東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長・森喜朗氏が謝罪会見を行ったことを扱った5日の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)。

番組コメンテーターのタレント・森永卓郎さんがコメントを述べました。

すると森永さんのコメントに視聴者が反発、「もはや森イジメだ」と怒りの声が広がっています。

スポンサーリンク

森永卓郎、森喜朗氏を『ゴミ扱い』 スタジオ凍りつく

5日、昨日東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長・森喜朗氏が連日の失言について謝罪会見を行ったことを取り上げた「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)。

番組コメンテーターの経済アナリストでタレントの森永卓郎さんがコメントを述べました。

今月に入り「タレントは田んぼを走ればいい」、「女性は競争力が強い」などと、タレントと農家を侮辱する発言や、女性蔑視の意図があるような発言を口にして非難を浴びた森氏。

女性蔑視とも受け取れる発言がオリンピック憲章に違反しているとして、海外でも大きく取り上げられると、昨日、急遽謝罪会見を実施。

しかし、記者との質疑応答で苛立つ様子を見せたことで「逆ギレ会見」などと。さらなる反発を招きました。

この日、長野冬季五輪の誘致に関わった春日良氏に解説を依頼した同番組。

森氏がアマチュアスポーツ界に大きく貢献した実績があるとして、組織委員会の中に反論できる人物いないことなどが、今回の騒動に発展した要因であることを説明。

新型コロナウィルスに対して「世界中があきらめちゃうのか、実現するのか新しい意味ができてきた」と東京五輪を開催する意義を説きました。

その中でコメントを求められた森永さん。

昨日の会見で森氏が発言した内容を引用して「粗大ゴミで掃いてくれればいいっておっしゃってるんですから、私コンビニに行って粗大ゴミシールを買ってきて、森さんの背中にピッて貼ってあげようと思います」とジョークを飛ばしたのでした。

この森永さんのコメントにスタジオは失笑が漏れる中、番組MCの宮根誠司アナウンサーは「それは森永さん個人的な意見です」と一蹴し、テーマをまとめていました。

スポンサーリンク

森永卓郎の「粗大ゴミシール」発言に視聴者ブチギレ

森喜朗氏の会見に対し「コンビニで粗大ゴミシールを買ってきて、背中に貼ってあげますよ」とコメントした森永卓郎さん。

するとこの森永さんの発言に番組を観ていた視聴者が次々と反応。

「森永さんの発言はどう見てもアウトでしょ。政治家相手なら何言っても許されるんですか?」

「大問題じゃない?公共の電波でソレを言うのはおかしいんじゃないの?」

「粗大ゴミシールは言いすぎかと…」

「森永の粗大ゴミシールもなかなかのレベル。やっぱりこういうこと言える人って自覚症状ないんだなw」

「おまえもその粗大ゴミの1つだよ」

「冗談でも言ってはいけない。コロナでバイ菌扱いされるのと似ている。いじめや差別を助長することは言わないでほしい」

「人権侵害」

「もはや森イジメでしょ?」

などと、森氏を嘲笑した内容の発言に批判が殺到したちまち炎上状態に発展したのでした。

過去、度々「ミヤネ屋」での発言が問題視されている森永さん。

「人の振り見て我が振り直せ」という言葉通り、森氏の行動から学びを得なければ次に痛い目を見るのは自身なのかもしれません。

(文:有馬翔平)