当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

杉村太蔵、森喜朗氏の謝罪会見をめぐり「政治家を排除する」と持論を展開

スポンサーリンク
タレント

画像:時事

2日連続で失言を口にし猛烈なバッシングにさらされている東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長・森喜朗氏の謝罪会見を中継で放送した4日の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)。

会長の職を辞任しないどころかまったく悪びた様子がない森氏の態度を受け、番組コメンテーターのタレント・杉村太蔵さんがコメントを述べました。

すると杉村さんのコメントに多くの視聴者が反応、「見ごたえがあった」と賛同の声が広がっています。

スポンサーリンク

杉村太蔵、森喜朗氏の会見にあ然「すごいものを観た」

4日、連日失言を繰り返した東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長・森喜朗氏の謝罪会見を中継した「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、森氏の態度について番組コメンテーターの杉村太蔵さんが声を荒げるシーンがありました。

一昨日、自民党本部の会合で「コロナに関係なくオリンピックはやる」と強硬な姿勢を見せた森氏。

するとこの発言に愛知・犬山市を聖火ランナーとして走る予定だったロンドンブーツ1号2号・田村淳さんが不信感をあらわにして聖火ランナーを辞退することに。

さらに森氏はその発言の翌日にも、「女性は競争力が強い」、「女性を増やす場合は発言の時間にある程度の規制が必要」と女性蔑視とも取れる発言をJOCの臨時評議委員会で発信。

オリンピック憲章にも反している森氏の発言は国内だけではなく諸外国の大手メディアも取り上げ、「日本は男女平等に関して後れている」と猛烈なバッシングが巻き起こりました。

そして本日午後、森氏は会見を開きましたが「発言撤回してお詫び申し上げたい」とこれまでの失言を撤回したのみで会長の職は辞任せず、また集まった記者に対して「あなたはどう思うの?」と高圧的な態度を取り続けたのでした。

思い描いていた内容とは異なる会見に杉村さんは「すごいものを観ましたね」と絶句。

「この内容が同時通訳で世界に配信されているということを私たちはしっかり認識しなければならない」と注意喚起して、「女性アスリートのみならず男性アスリートもボイコットする人が出てくるんじゃないか」、「スポンサーも離れていくんじゃないか」と影響を危惧しました。

続けて杉村氏は、この日番組に出演していた元柔道女子日本代表・溝口紀子氏に対し「オリンピックに政治家を絡めるのは金輪際やめた方がいい」、「政治家が絡んできたら自己PRになっちゃいますから、政治家を排除する、政治家を絡ませない」と、オリンピック関連の人事に政治家を入れないことと声を荒げて提言しました。

スポンサーリンク

杉村太蔵、政治家を「排除する」提言に拍手…「見応えあった」

森喜朗氏の謝罪会見に対し絶句した杉村太蔵さん。

オリンピックの円滑な運営について「政治家を排除する」との提言を声を荒げて叫びましたが、杉村さんの提言に番組を観ていた視聴者も騒然とし、

「杉村太蔵の発言、かなり見応えあった…」

「かつてここまで杉村太蔵の言葉に共感したことがあっただろうか」

「太蔵さん好きになった!なんでもかんでも癒着させるのはよくないよな」

「あれ?これかなりマトモな意見なんじゃない?」

「杉村太蔵が珍しくまともな意見言ってて思わず見入ってしまった」

などと、賛同する声が多数寄せられました。

政治家が組織員に入ったことで痛い目を見ている東京五輪。

杉村さんの発言は東京五輪の開催が決まった8年前に提言されるべきものだったのではないでしょうか。

(文:有馬翔平)