当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

大島由香里アナ、トークの端々に意地の悪さ露呈し視聴者幻滅…「完全に地雷女」「ものすごく感じ悪い」

スポンサーリンク
アナウンサー

画像:時事

26日に放送された「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系列)。

この日は「勝気女子アナが気弱男子にダメ出しSP」と題して、元フジテレビアナで小塚崇彦さんの元妻・大島由香里アナが出演しました。

しかし、トークの端々に性格の悪さがにじみ出る姿に、視聴者は我慢がならなかったよう。

一体、番組内でどのような発言があったのでしょうか。

スポンサーリンク

大島由香里アナ、トークの端々に意地の悪さ露呈し視聴者がっかり

26日に放送された「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系列)。

この日は「勝気女子アナが気弱男子にダメ出しSP」と題して、元フジテレビアナで小塚崇彦さんの元妻・大島由香里アナが出演しました。

冒頭で、現在、別居中であると明かした別のフリーアナウンサーが、共演者から突っ込まれ詳細を話していると、「言わない方がいい。全国ネットで話して後々裁判とかになると、あちらは傷ついたと反論され有利に働いてしまう」と経験談とも取られかねない発言を上から目線でアドバイス。

その他にも「この人ないわ〜と思う異性の言動」ではご飯の約束をしていて連絡がなかった事を問いつめると、男性側がシュンとなり何も答えずこちらが悪いみたいな雰囲気になるのが納得いかないというような面持ちで話します。

MCのさんまさんは「取り調べの下手くそな刑事やな。忘れたんだから許してやれ」と一蹴。

大島アナは優しく聞いているのにと納得いかずに反論しますが、さんまさんは指差しをするジェスチャーを入れながら「『昨日、何してたの?』って問いつめたんやろ。それともあれか?」と蹴りを入れる仕草で問いつめる様子を披露し、スタジオの笑いを誘います。

「会話のキャッチボールをしたいだけなのに」と続ける大島アナですが、キャッチボールではなくてドッジボールになってると、歌舞伎俳優の尾上右近さんからも反論されます。

気弱すぎる男性にこれでもかと拳を振り上げんばかりの正論をぶつける様子に、視聴者からは

《大島由香里って言ってる内容もさることながら、まずあの喋り方とか喋ってるときの顔つきがムリ、男に負けまいと虚勢張ってるって感じが滲み出ていて、いつでも喧嘩腰って感じ》

《大島由香里さんてこんな子だったんだ・・・ちょっとびっくり》

《これはモテないでしょ》

《完全に地雷女》

《元旦那に同情する》

《大島さんどーした? 途中から見たけどものすごく感じ悪かったわー。あの方向で行くなら行くで突き抜けるならいいけど、顔や表情が良くなさすぎる。。》

など、もう見ていられないと耳を覆いたくなる視聴者が続出したようです。

スポンサーリンク

可燃性の高い大島由香里アナ、炎上キャラとしてたびたび出演

大島アナはフィギュアスケーターの小塚崇彦の元妻ですが、小塚さんの夜遊びなどが原因で離婚したと言われており、いうならばワンオペ育児と闘うひとりのママともいえる存在。

母でありながら、一家を支える大黒柱であり、ひとりの女性でもあります。

強くならざるをえない側面もあったとはいえ、頑張るシングルマザーという印象を視聴者に与えられれば良かったかもしれません。

しかし、今回の番組からも視聴者に伝わったように、大島アナに当たったスポットライトはどうやら「炎上」というキャラクターのようです。

以前、「ヒルナンデス」(日本テレビ系列)に出演した大島アナは、「子どもの食事はなるべく手作りしている」ということで冷蔵庫の中身を公開しで、作り置きのおかずを紹介します。

そこで冷凍してある野菜たっぷりチャーハンやパンを披露してくれましたが、これが既製品をジップロックに詰め替えたような印象を受けて炎上。

他にも、「バイキング」(フジテレビ系列)に出演した際に、保育士さんが男性との食事会で新型コロナウィルスに感染したニュースに対し、「『たくさんの命を預かっている先生なんだよ』ってことを自覚してほしい」と発言。

自覚の有る無しに関わらず感染してしまうコロナへの無遠慮な姿勢に批判が殺到した事もあります。

フリーアナウンサーという立場であるからこそ、広い視野を持ったコメントをしてくれることを期待したいものです。

(文:Quick Timez編集部)