当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

カズレーザー、西村経済再生相へ『感謝』を要求し視聴者感動…「こんなコメンテーター今までにいない」

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

首都圏1都3県に緊急事態宣言が再発令されてから20日あまり。

昨日1か月ぶりに感染者数700人を下回った東京都を取り上げた26日の「とくダネ!」(フジテレビ系)で、西村康稔経済再生担当相の発言に番組コメンテーターのメイプル超合金・カズレーザーさんがコメントを述べました。

するとカズレーザーさんのコメントに視聴者が支持、「他のコメンテーターとは格が違う」と称賛の声が広がりました。

スポンサーリンク

カズレーザー「感謝の念を…」西村康稔氏へ要求

26日、緊急事態宣言が再発令されて17日目に東京都の新型コロナウィルス新規感染者数が700人を下回ったことを伝えた「とくダネ!」(フジテレビ系)で、番組コメンテーターのメイプル超合金・カズレーザーさんがコメントを述べました。

一時は2500人ほどの感染者数を記録していた東京都で、感染者数が700人を下回るのは実に1か月ぶり。

しかし、同番組が都内で街頭アンケートで「618人」という久しぶりに下がった数字をについてインタビューを行うと、市民からは「少なくなった」、「外出できるかなと思う人が増加する」などの声が。

この減少した数字によって懸念される「気の緩み」に対して昨夜会見を開いた西村康稔経済再生担当相は、「日々の数字で一喜一憂はしない」、「ここで対策を緩めると2週間後には戻ってしまう」と釘をさし、「引き続きの是非ともお願いします」と発言しました。

スタジオでは昭和大学客員教授・二木芳人氏が「少しずつ下がってきているのだろう」とし「時短営業に協力いただいているおかげ」とコメント。

するとカズレーザーさんは「数字に一喜一憂するべきではないというのは確かにそう」としながらも「やはり、自粛に協力していただいている飲食店へは感謝の念をハッキリ表した方がいいんじゃないかなと思います」と西村氏のコメントに不足があったことを指摘。

また、カズレーザーさんは「今回の土日でちょっとだけ人の出が増えたところが場所によってありましたので、気の緩みは出ているのかなと」と人出にも言及、ただ数字が減少傾向にあることは「全体的に下がっているのは喜ばしいことだと思います」と率直な意見を述べていました。

スポンサーリンク

カズレーザーのコメントに視聴者「今までにこんな人いた?」

新規感染者数が減少したことに会見を開いた西村康稔氏が口にしたコメントに対し、「もっと感謝の念を表した方がいい」と指摘してカズレーザーさん。

すると、西村氏に感謝の言葉を要求したカズレーザーさんの発言に、番組を観ていた視聴者からは驚きの声が。

「いいこと言うよね。いい行いは互いに意識出来ていた方がみんな優しくなれる気がする」

「他の煽るだけのコメンテーターとは違う」

「まあこんな発言すると『協力したのは飲食店だけじゃない』という意見も出てくると思うけど、まずは協力と感謝をヒモづけたカズレーザーの言葉は大きいんじゃないかな」

「目からウロコだった。今までにこんなコメンテーターがいただろうか?言われてみれば飲食店だけが名指しで要請されたわけだし、自粛警察に嫌がらせもされたわけだし…いたわりは必要だろうね」

「ここから配送業や卸業者などにも感謝が広がっていくといいね」

「素晴らしい発言だと思います。飲食店従業員ですがこの言葉に助けられた気持ちです」

「どこまで好感度を上げていくつもりだ!カズレーザー!」

などとカズレーザーさんのコメントを支持する声が上がりました。

新型コロナの影響で、全国的に人々の不満が高まっている現在。

そのような時だからこそ「感謝」を互いに意識する必要があるのではないでしょうか。

(文:有馬翔平)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お笑い芸人
SNSで最新の記事を受け取る
シェアする
Quick Timez