当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

小倉智昭、二階俊博氏へ痛烈なダメ出し…視聴者「相当暴れてるな」「よほど頭にきたのか?」

スポンサーリンク
アナウンサー

画像:時事

一昨日、NHKの番組に出演した自民党幹事長・二階俊博氏が「政府の対応は十分か?」と質問されたのに対し、「いちいちそんなケチをつけるものじゃない」と怒りをあらわにしたことを取り上げた21日の「とくダネ!」(フジテレビ系)。

世論からも反発が挙がっていることに、番組MCの小倉智昭アナウンサーが持論を述べました。

すると小倉アナのコメントに多くの視聴者が反応。

「小倉さんに1票」と支持が拡大しています。

スポンサーリンク

小倉智昭、二階俊博氏の発言に痛烈なコメント

21日、一昨日NHKの番組に出演した自民党幹事長・二階俊博氏の発言が世論の反発を買っていることを取り上げた「とくダネ!」(フジテレビ系)で、番組MCの小倉智昭アナウンサーが二階氏の発言に持論を述べました。

NHKの「クローズアップ現代+」に出演した二階氏。

放送中、同局の武田真一アナウンサーから「政府の対策は十分か?手を打つことがあれば何があるか?」と質問された二階氏。

すると血相を変え、「他の政党に何ができますか?他の政治家に何ができますか?」、「今全全力を尽くしてやっているじゃないですか。いちいちそんなケチをつけるものではありませんよ」と反論。

「いかなる時も与党は与党としての責任を果たさなければならない」と現在進行形で政府は各社会問題の対応にあたっていることを主張したのでした。

しかし、この放送で二階氏が口にした発言がSNSを中心に拡散されると、「老害」、「批判したらケチになるのか」などと批判が相次ぎまさに炎上状態に。

世論からの反発が殺到したことについて、小倉アナは「いくら二階幹事長と言えども絶対に言ってはならない発言だと思う」と批判。

さらに「野党側が力をつけていないというのは現状としてある」と与党だけの問題ではないことを指摘し、「与野党が一致しなければならないこの局面において、お互いをけなすだけではダメなんじゃないかな」と新型コロナウィルスの感染拡大が続く今、政治家の団結を呼びかけました。

政治評論家・三浦瑠璃氏は「二階さんはメディアに対してケンカを打ったのだと思う、野党ではなくて」、「支持率の低下は誰がやっても同じだろうと言いたかったんでしょうね」と、二階氏の発言を分析しました。

スポンサーリンク

小倉智昭、二階俊博氏へ痛烈なダメ出しに視聴者絶賛「暴れてるな」

二階俊博氏のテレビ番組の発言に対し、「絶対に言ってはいけなかった」と批判を述べた小倉智昭アナウンサー。

すると小倉アナのコメントに、番組を観ていた視聴者からも多くの反応が。

「これは小倉さんに1票!」

「同意せざるを得ないなあ~」

「本当それ。与党は批判を受けるのが仕事。二階は黙って受け入れなさい」

「小倉が二階を批判するって珍しい。よほど頭にきたのだろうか?」

「小倉さんww相当暴れてるじゃないですかwww」

「番組終了までにこの調子でドンドン言いにくいことをぶちまけてほしい」

「小倉がまともだ…」

「今までテレビで報道されなかった二階の発言も取り上げられるようになったのか…これはいい傾向だ」

などと、視聴者の多くは小倉アナの発言を好意的に受け取った様子でした。

先週、番組終了が明らかになった「とくダネ!」。

小倉アナが視聴者に向けたメッセージの中で「まだまだ騒ぎます」と宣言しましたが、この痛烈なコメントも番組終了に向けた1つの「暴走」なのでしょうか。

(文:有馬翔平)