当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

古市憲寿、尾木ママに対し『おじいちゃん』イジリをし視聴者もあきれ顔…「この人ズレてるよ」

スポンサーリンク
タレント

画像:時事通信フォト

新型コロナウィルス感染拡大によって、救急搬送の受け入れ困難になっている現在。

昨日、くも膜下出血で救急搬送された爆笑問題・田中裕二さんの受け入れ先病院が決まらなかったことを取り上げた21日の「とくダネ!」(フジテレビ系)では、スタジオ出演者から心配の声が。

しかしその出演者の心配に対し、番組コメンテーターの社会学者・古市憲寿さんがあるコメントを述べました。

すると、視聴者が古市さんのコメントに反応。

「失礼」と批判のコメントが大量に寄せられています。

スポンサーリンク

古市憲寿、尾木ママをおじいちゃん扱い

21日、新型コロナウィルス感染拡大によって緊急搬送の受け入れが困難になっている状況を伝えた「とくダネ!」(フジテレビ系)で、番組コメンテーターの社会学者・古市憲寿さんがスタジオ出演者の不安にあるコメントを添えました。

昨日、自宅で頭痛を訴えて救急搬送された爆笑問題・田中裕二さん。

搬送先の病院でくも膜下出血を起こしていることが明らかになり、1週間の入院と1ヶ月の芸能活動休止が所属事務所から公表されましたが病院に搬送される際、新型コロナウィルス感染拡大の影響のため搬送先の病院がすぐに見つからないという困難に直面したのだそう。

この日、搬送現場に30分以上留まる、患者受け入れを3度断られるという件数が全国で先月比2倍以上の件数になっていることにも触れた同番組。

新型コロナ以外の病気でも病院で受診できにくくなっている状況に対し、「不安感に苛まれたりしません?」と話を振られた教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏は「ムチャクチャ苛まれてます」と不安を感じていることを吐露。

「昨日スーパーにお弁当の食材を買いに行ったんですけども、すごい恐いですよね」、「僕の年でコロナに罹れば危ないでしょ?こんなに死の恐怖を感じながらこの年を生きるとは思いませんでした」と、新型コロナに罹った場合の死亡率に触れ、日本医療制度に対しても「脆すぎる」との見解を示したのです。

すると、尾木氏のコメントに耳を傾けていた古市さんが、その不安を吹き飛ばすような発言をポロリ。

「尾木さんは繊細すぎる。尾木さんたちの年代はスーパーでコロナに感染する確率よりも、モチを食べて窒息するリスクだったりお風呂のヒートショックにかかるリスクの方が大きい」

「繊細すぎる」と古市さんに笑われた尾木氏は猛反論、「それは大丈夫。僕はモチもサイコロみたに切って食べているから」と述べ、尾木氏と同年代の小倉アナも「それは気をつけられるけど、コロナはこれだけ経路不明が大きくなったら気をつけようがない」と加勢していました。

 

スポンサーリンク

古市憲寿、尾木直樹への『おじいちゃんイジリ』に視聴者もあきれ顔…

尾木直樹氏が新型コロナウィルスへの不安を吐露したことに、「繊細すぎる」と一蹴した古市憲寿さん。

この古市さんの発言に、尾木氏や小倉智昭アナウンサーから反論が巻き上がりましたが、番組を観ていた視聴者もあまり良い気はしなかった様子。

「古市の発言は失礼極まりないし、コロナの危険性を理解していない証拠だ!」

「やっぱこの人、少しズレてるよ…」

「頭が良すぎてバカになったのか?感染対策なんてやりすぎても問題はないだろうに」

「古市憲寿をテレビに出さないでほしい。感染への不安を『ネガティブ』の一言で片付けるなんて優しさのない、薄っぺらい意見なんだろう」

「ヒートショックの死亡率とコロナの感染率を同列に扱っている時点でおかしい。これは別問題の話」

などと批判が大量に寄せられました。

辛口コメントで知られる古市さん。

しかし、新型コロナに感染して死亡するかもしれない不安を嘲笑うようなコメントは、視聴者も受け入れることはできなかったようです。

(文:有馬翔平)