当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

木村もりよ医師、『Mr.サンデー』での見解に視聴者ブチギレ…「ダブルスタンダードだろ」「おかしくない?」

スポンサーリンク
TV番組

画像:時事通信フォト

17日に放送された「Mr.サンデー」(フジテレビ系列)。

元厚生省医系技官で医師の木村もりよさんが出演しました。

木村さんはこれ以上のコロナ感染者を増やさないためにも、番組内で「春まで国民はさらなる我慢をしないといけない」という意見を突きつけます。

しかし、2020年7月に放送されたTVタックル(テレビ朝日系列)では、「PCR検査をして隔離するという対策が感染症の基本だという訳の分からない理論が成り立ってしまった」などと今とは全く別の意見を言っており、「ダブルスタンダードだろ」などの意見が寄せられました。

一体、どのような放送内容だったのでしょうか。

スポンサーリンク

木村もりよ「春まで家にいろ」発言に視聴者混乱「それってダブルスタンダード」

17日に放送された「Mr.サンデー」(フジテレビ系列)。

元厚生省医系技官で医師の木村もりよさんが出演しました。

都内では7,700名以上が入院調整中(2021年1月15日現在)と、医療がひっ迫している状況を伝えた同番組。

木村さんは、コロナ患者を受け入れたいが受け入れると赤字に転じる事から受け入れられない病院の実体を話しつつ、医療現場がコロナ患者を受け入れられる損失補償の仕組みづくりが必要だと論じます。

そうしたやり取りの中で、木村さんは番組内でこれ以上新型コロナウィルスの感染者を増やさないためにも「国民に春まで家にいてください」と極端な意見。

自分たちがやるべき事をしないとまた来年の冬にも感染者が増え続け、日本経済は破綻すると警鐘を鳴らします。

しかし、2020年7月に放送されたTVタックル(テレビ朝日系列)では、「PCR検査をして隔離するという対策が感染症の基本だという訳の分からない理論が成り立ってしまった」などと今とは全く別の意見を述べていたため、視聴者からは、

《木村もりよ、って日本にコロナは風邪だと一番印象付けた奴らだよね。その時と言ってる事が全然違う!!》

《木村もりよっていう医師、コロナが出始めた頃マスクいらないって言ってた人だよね?マスクいらないのに家から出るな?おかしくない?》

《以前、たけしのティービータックルで、インフルエンザでも死者出る、インフルエンザと変わらない云々、言って居ませんでした?インフルでもそこまで徹底した外出自粛しませんけど。》

《ただの風邪って言ったり、感染したら大変だから外出するなってダブルスタンダードだろ》

など、ネット上では瞬く間に木村さんのダブルスタンダードの発言を指摘する声で埋め尽くされました。

スポンサーリンク

新型コロナウィルス感染、悪化の一途を辿る日本かここで食い止められるのか?

木村さんは当初、新型コロナウィルスを「ただの風邪」、「マスクは効果についてのエビデンスがないため不要」と声高に叫んでいました。

マスクを過信しないようにという意味合いで話していたようですが、昨秋から勢いが衰えるどころか猛威をふるう様に、意見を変えざるを得なかった木村さん。

今回の放送では、私たち一人ひとりが徹底した感染症対策をする事が大事であると切々に訴えていました。

マスクや手洗いの徹底など、各種感染対策を組み合わせて感染確率を減らす努力をしている中、木村さんの手のひらを返したような朝令暮改の意見に、視聴者は我慢がならなかったようです。

木村さんが口にする新型コロナウィルス感染者による「死」は、厚労省時代の書面上の人数で、それ以上の意味を持たない数値として捉えているように感じた視聴者。

一人の「死」はそれまで数十年間生きた人生が終わるところにまで考えを及ぼしてほしい視聴者。

いつ収束するともしれないコロナ騒動に、両者の隔たりが埋まる事はないのかもしれません。

(文:Quick Timez編集部)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
TV番組
SNSで最新の記事を受け取る
シェアする
Quick Timez