当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

小森純、久々のTV出演で視聴者が困惑…ギャル要素が全くない姿に「誰か分かんなかった」「劣化だよな」

スポンサーリンク
モデル

画像:時事通信フォト

5日に放送された「ありえへん∞世界」(テレビ東京)。

同番組では「東京下町VS神奈川県(秘)衝撃生態大調査」として、神奈川県出身でギャルファッションモデルとして人気を博した小森純さんがゲストとして登場しました。

しかし、久しぶりのテレビ出演ということと、テレビや雑誌に引っ張りだこだったときのような派手な印象がなく、視聴者からはどよめきの声が上がりました。

一体どのような姿だったのでしょうか。

スポンサーリンク

久々に登場した小森純、ギャル要素皆無で視聴者困惑…「誰か分かんなかった」「劣化だよな」

5日に放送された「ありえへん∞世界」(テレビ東京)。

同番組では、「東京下町VS神奈川県(秘)衝撃生態大調査」として、神奈川県川崎市出身でギャルファッションモデルとして人気を博した小森純さんがゲストとして登場しました。

川崎市平間にある踏切では、遮断機が下りているにもかかわらず、堂々と踏切をわたる人が多数いるなどの危険な映像が流されると「ちがうちがう、川崎みんながこうじゃないから」など大声で川崎をかばう小森さん。

つづいて東京都北区出身でタレントの池田美優(みちょぱ)さんと、どちらが都会なのかというプライドをかけた戦いが勃発。

みちょぱさんがMCから川崎のイメージを尋ねられると、「治安が悪くてヤンキーが多いイメージ…」と話したそばから、みちょぱさんの言葉を遮るように「そんなに(治安など)悪くないから」と話し、さらに「赤羽ってどこよ!?赤羽は東京じゃないよね。赤羽が東京って今日初めて知ったもん」などとたたみかけるように話しだします。

みちょぱさんが「それはただのバカだと思います」と応戦すると、小森さんはみちょぱさんが読者モデルを務めたファッション雑誌「Popteen」に出ていた事を引き合いに「私、先輩なんだけど」とヒートアップ。

そんなやり取りを見た視聴者からは

《見たことあるようなないような女の人出てるけど誰だっけ?って思ったら小森純か、久しぶりに見たな》

《名前が出てこなくてモヤモヤしてたけど、小森純だ!って思い出して、めっちゃスッキリしてる》

《小森さんは地上波は辛い。劣化がこれほどとは…。》

《この人だれだっけとずっと思ってた人、調べたら小森純だった。ギャルじゃなくなったからよくわからなかった》

など、小森さんが誰だか分からず戸惑いを覚えた視聴者が多く見られました。

スポンサーリンク

小森純、ギャルモデルとして復活は?

ギャルタレントとして大人気だった小森さんですが、世代が変わりみちょぱさんなどのギャルタレントがバラエティに出るようになり、久しぶりのテレビ出演だった小森さん。

年齢も30代半ばとなったからなのか、一時のギャルファッションは鳴りを潜め、髪色も暗くメイクも抑えめ、ファッションも露出が著しく少ないなどパッと見でかつてギャルだったと言われてもピンと来る人は少ないかもしれません。

小森さんをめぐっては、2012年12月に詐欺事案として摘発を受けた「ペニーオークション」業者に関して、広報を請け負った上で自身のブログ上に虚偽の広告記事を掲載していた事が発覚(通称:ペニオク詐欺)。

その事実を認め謝罪を表明するも、その影響力や反発は大きく、猛烈なバッシングを受ける事になりました。

その後はツイッターでの発信も休止、テレビ番組の出演も自粛するなどして、引退こそしなかったものの、一時は芸能界を追われる立場となった小森さん。

ペニオク騒動から歳月は経ちましたが、当時のバッシングがいまだに小森さんに寄せられているのも事実です。

みちょぱさんなどのギャルモデルの台頭も著しい昨今、果たして復帰は出来るのでしょうか。

(文:Quick Timez編集部)

▼小森さんの近影

この投稿をInstagramで見る

小森純(@jun.komori1122)がシェアした投稿