当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

ココリコ遠藤、特措法改正に意欲も批判殺到!「おまえが言うな」と特大ブーメランが突き刺さる

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

新型コロナウィルスの新規感染者が800人を超えた東京都について、最新情報を伝えた18日の「バイキングMORE」(フジテレビ系)。

この放送中、番組コメンテーターであるココリコ・遠藤章造さんが都道府県知事の権限等を強化する「特措法改正」について言及しました。

しかし、その遠藤さんの発言に視聴者からは指摘が相次ぐことに。

「良く言えたな」、「おまえが言うな」などとツッコみの嵐となった、遠藤さんの発言とは一体どのようなものだったのでしょうか。

スポンサーリンク

ココリコ遠藤「やっていない人がいる」特措法改正に意欲…「お願い」の限界を強く訴える

18日、新型コロナウィルスの新規感染者が800人を超えた東京都の情報を伝えた「バイキングMORE」(フジテレビ系)で、番組コメンテーターであるココリコ・遠藤章造さんが「特措法改正」に言及しました。

昨日、新規感染者が800人を超え過去最多を記録したことで、「年末年始コロナ特別警報」を発令した東京都知事・小池百合子氏。

しかし、感染拡大防止について問われると「皆さま方への呼びかけに頼る以外は、現在の法律の立てつけではそれが唯一の道」と、現在の法律では「お願い」が行政が取れる最大の予防対策であると発言したのでした。

この小池氏の発言について、番組MCの坂上忍さんは都道府県の知事に与えられる予算と権限を強化する「特措法改正」に賛成の意志を表明。

坂上さんの意志は固いようで、「現在の法律でもできることがある。そのできていないことを発見するのが直近の課題」という反論に対しても「気のゆるみに繋がっている」と現在の法律体制に限界を訴えたのです。

すると、遠藤さんは坂上さんの考えに「僕もそう思います」と賛同を示し、「(個々の感染対策を)やることをきっちりやってる人はいるし、でも中にはやっていない人がいるので、それをまとめるのは要請じゃ厳しんじゃないですかね」と「お願い」での限界を強調。

そして、第一波直後の収束状況を持ち出して「強めのものを出して、グッと収まる気がする」と述べました。

 

スポンサーリンク

ココリコ遠藤、「やっていない人がいる」に批判殺到…「おまえが言うな」と非難轟々

「特措法改正」について坂上忍さんの意見に同調し、賛成の立場を示した遠藤章造さん。

しかし、遠藤さんのコメントに番組を観ていた視聴者から批判が殺到する事態に。

「遠藤、頼むから本職のお笑いで笑わしてくれ!」

「遠藤がここまで考えてるとは思わなかったよ、ハメ外して感染したくせに」

「遠藤はよく自治体や国に文句言えるよねw自分は感染したのにw」

「やってない人がいる…おまえが言う??」

「なんで遠藤が出演しているのかわからない」

「よくこんな発言できるな…ドン引きだよ…」 などと厳しい言葉が並びました。

今年8月、YouTubeで配信したトーク動画の撮影で感染対策を充分に行わなかったとして新型コロナウィルスに感染した遠藤さん。

その遠藤さんが「やってない人がいる」と発言したことで、「ブーメラン」を感じた視聴者が続出したそうです。

(文:有馬翔平)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お笑い芸人
SNSで最新の記事を受け取る
シェアする
Quick Timez