当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

宮根誠司、「ミヤネ屋」の『問題発言』に視聴者ガチギレ…「悪意を感じる」、「どうしようもない」と大炎上

スポンサーリンク
アナウンサー

画像:時事

バイきんぐ・西村瑞樹さんによる「冬キャンプ」の特集が放送された23日の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)

しかしその放送中、番組MCの宮根誠司アナウンサーが取ったある行動に、視聴者から悲鳴が上がる事態が。

「これはアカン」と視聴者が思わず眉をひそめた、そのワケとは一体?

スポンサーリンク

宮根誠司、『問題発言』で視聴者ガチギレ…「悪意を感じる」、「どうしようもない」と大炎上

23日、バイきんぐ・西村瑞樹さんの指導のもと「冬キャンプ」に挑戦する模様が放送された「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、番組MCの宮根誠司アナウンサーが取った行動に視聴者から悲鳴が上がっています。

虫がいない、汗をかかない、空気が澄んでいて景色がいいなどの理由から、キャンプのベストシーズンだと言われる「冬キャンプ」。

その「冬キャンプ」に、キャンプ初心者で自称インドア派の宮根アナが参加、テント立てや火おこしなど本格的なキャンプの技術を学びました。

すると、西村さんからキャンプ飯として「アヒージョ」を学ぶことに。

しかしニンニク、鷹の爪の他、シーフードやマッシュルームをオリーブオイルに浸して熱していく一品に宮根アナは怪訝な表情。

そして、「アヒージョは家で作ったら手抜き料理だからね」と一言を口にしたです。

これに番組を観ていた視聴者が激怒。

「なんで水を差すのかなコイツは。悪意しか感じられない」

「宮根さん、手抜きってそりゃないよ」

「マジでどうしようもない男」

「手抜きって、作ってもらってる側がいう言葉じゃないよね」

などと、批判が殺到しました。

その後、アヒージョの味に「マジでうまい」と絶賛した宮根アナでしたが、余計な一言で物議をかもしてしまったようです。

 

スポンサーリンク

宮根誠司、食べ方にも指摘が…「一緒にキャンプは行きたくない」と厳しいコメント

手抜き料理発言に批判が集中した宮根誠司アナウンサー。

sしかし、視聴者は件の発言以外にも宮根アナの素行にクレームを寄せていました。

アヒージョの他、ビーフステーキにも舌鼓を打った宮根アナ。

絶妙な焼き加減に、西村瑞樹さんが持参した調味料で味付けされたステーキを頬張ると「ウマイ!」と絶叫しました。

しかしその際に、ステーキを咀嚼していた口の中が丸見えになってしまい、「汚い」とのコメントが。

また、テント立てや火おこしでも小言が多いことから「一緒にキャンプには出かけたくない」と言われる始末。

教えてもらう身として、謙虚さを身に着けて収録に臨んだ方が良かったのでしょう。

(文:有馬翔平)