お詫びと訂正
SNSで最新の記事を受け取る

ノブコブ吉村崇、『#イソジン吉村』の騒動を受け関係性を否定!改名した名前にファンも「センスありすぎ」

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

4日にあるTwitterのトレンドから、お笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇さんがコンビ名を変更するのではないか、という噂がされていました。

6日にInstagramで、吉村さんのコンビ名等についての真相を明かしました。

吉村さんは、コンビ名を変更するのでしょうか。

【関連】ノブコブ吉村崇「絶対にオンエアしないで!」自身のトラウマとなった、放送事故ギリギリの事件とは?

ad
スポンサーリンク

ノブコブ吉村崇、Twitter上の「#イソジン吉村」との関係否定の仕方に「センス高すぎ」と称賛の声

6日にお笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇さんが、「いろいろな方からお問い合わせが」というコメントをnstagramに更新。

吉村さんはお笑いコンビとしても活動されていますが、現在はバラエティ番組を中心にMCの仕事で活躍されています。

4日に大阪府の吉村洋文知事が、記者会見でうがい薬がコロナに対して、効果的な作用があるという発言をしました。

この発言を受け、Twitter上には「#イソジン吉村」というハッシュタグが拡散。

記者会見を見てないファンの方々からは、吉村崇さんがコンビ名を「イソジン」に変更したのではないかという問い合わせが寄せられました。

これらの問い合わせを受け吉村さんは、「こちらはリステリンたかしですのでおかけ間違いの無いようお願い致します」というコメント共に、リステリンの写真を投稿。

吉村崇さんがリステリンの写真を投稿し、大阪知事の発言とは別物だと示したことに対し、ファンからは、

「最高です笑」

「notイソジンですね」

「よっ知事!笑」

「センス高すぎ」

「嘘みたいなホントの話」

と、面白すぎるとの声が殺到しました。

 

スポンサーリンク

イソジン吉村とTwitter上で騒がれた理由とは?大阪知事の記者会見での発言について

吉村崇さんはリステリンの写真を投稿し、Twitter上で話題になった「イソジン吉村」とは関係ないことを明かしました。

大阪知事である吉村洋文さんの発言とは、どのようなものだったのでしょうか。

8月4日の会見で、ポビドンヨードうがい薬でうがいを続けることにより、唾液検体のPCR検査で、新型コロナウィルス陽性者の割合が大きく減ったとの研究結果を発表。

吉村洋文さんは、「薬事法上、効能は言えない」という前提を話しつつも、「ポビドンヨードうがい薬、代表的なのは『イソジン』だが、こういったうがい薬で8月20日まで集中的にうがいを励行してもらいたい」と発言。

イソジンがコロナに効果的であるような発言をし、Twitter上では「#イソジン吉村」でバズが起こりました。

このような経緯により、大阪府の記者会見を見てないファンから、平成ノブシコブシからコンビ名を変えるのか、といった問い合わせがきた吉村崇さん。

とっさの切り返しで、リステリンの写真を投稿しファンを笑わせる吉村崇さんの芸人としての実力は、流石と言えるでしょう。

(文:M.K)