SNSで最新の記事を受け取る

綾瀬はるか、女優業を引退?番組スタッフからの不評を買った、最低の出来事とは?

スポンサーリンク
俳優

画像:時事

17日に放送された「ぴったんこカン・カン」(TBS系列)。

同番組に出演した女優・綾瀬はるかさんが、ドラマ「世界の中心で愛を叫ぶ」(TBS系列)の製作秘話を暴露。

番組スタッフから言われた一言に、視聴者からも驚きの声が。

今では絶対に有り得ない、その一言とは?

【関連】綾瀬はるかの熱愛彼氏ノ・ミヌとは誰?韓国俳優との交際に「嫌いになりました」と批判が殺到した理由

ad
スポンサーリンク

綾瀬はるか、女優を引退する予定?「本当に最低」と番組スタッフから不評を買った行為とは?

17日夜に放送された「ぴったんこカン・カン」(TBS系列)。

この日、同番組にゲスト出演した女優・綾瀬はるかさんが、女優人生の危機について口を開きました。

今年でデビュー20周年を迎える綾瀬さん。

TBS系列では、「仁-JIN-」、「義母と娘のブルース」などたくさんのドラマに出演し、高視聴率に貢献してきました。

今回、現在も衰えることのない「綾瀬はるか」人気に火をつけた作品、「世界の中心で愛を叫ぶ」の話題へ。

「緊張しちゃって……」と、ヒロイン・廣瀬亜紀役のオーディションを振り返った綾瀬さん。

オーディション当日は、緊張のあまり手の震えが止まらず、セリフを読むのも原稿で顔を隠してしまったのだとか。

「本当に最低」

結果、オーディションの審査に参加してい同ドラマのプロデューサーから、厳しい言葉を投げかけられてしまったのです。

しかし、この一言で吹っ切れた綾瀬さん、「ダメなら仕事を辞めよう」という覚悟を持って、最後までオーディションに臨みました。

こうして、日本を感動に包み込んだ「廣瀬亜紀」が誕生したのです。

まさに全身全霊をかけて、同作品に挑んだ綾瀬さん。

もしオーディションで落選していたのならば、その後の名作ドラマの数々は生まれてこなかったのでしょう。

 

スポンサーリンク

綾瀬はるか、TBSとは絶縁状態との噂も…?

TBSにとってはまさに神様のような存在である綾瀬はるかさん。

綾瀬さんが出演するドラマは軒並み高視聴率というヒットメーカーですが、今年に入って綾瀬さんとTBSの間に亀裂が入ったとの噂がありました。

原因は、今年正月に放送された「義母と娘のブルース」特別版。

同作は、綾瀬さんが演じるキャリアウーマンが捨て子を保護し、不慣れながら面倒を見るというものでした。

しかし、その中にセクシャルなシーンが入っており、これに綾瀬さんの所属事務所が激怒したのだとか。

ただ、今回放送された「ぴったんこカン・カン」ではその疑惑も払拭されました。

「半沢直樹」の続編も放送が始まり、注目度が高まっているTBSドラマ。

その熱に乗じて、綾瀬さん出演の新作ドラマが放送されることに、期待を寄せたいと思います。

(文:有馬翔平)