お詫びと訂正
SNSで最新の記事を受け取る

指原莉乃、ノーカット版の会見動画を見て「みんなで考えなきゃいけない…」拉致問題に涙の訴え

スポンサーリンク
タレント
スポンサーリンク

画像:時事

14日に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系列)。

同番組にレギュラー出演しているタレント・指原莉乃さんが北朝鮮による拉致問題について涙の訴えをしました。

指原さんの言葉に「よく言ってくれた」と称賛の声が相次いでいますが、一体どのようなことを指原さんは口にしたのでしょうか。

指原莉乃「みんなで考えなきゃいけない」拉致問題に涙の訴え…心を揺さぶられた動画とは?

14日午前に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系列)。

この日、同番組にレギュラー出演しているタレント・指原莉乃さんが拉致問題について言及しました。

放送中、拉致被害者の1人である横田滋さんが先週に亡くなった話題が取り上げられると、遺族である横田早紀江さんの記者会見を「YouTubeでノーカット版を観ました」と話し始めた指原さん。

各関係者に「ありがとうございます」と頭を下げる早紀江さんの姿に胸を打たれ、また早紀江さんの息子である拓也さん、哲也さんの「一枚岩にならなければいけない」という拉致問題の解決の方法に「みんなで考えなきゃいけない」と呼びかけました。

この指原さんの言葉に、

「地上波でここまで踏み込んで発言してくれたことに好感」

「切り取らないでノーカット版を観たというところも偉い」

「言いにくいことをズバッという指原さん、かっこいい!」

と、指原さんのコメントに称賛が相次いでいました。

指原さんは、若者が国外に目を向けていることを前提に、自身と同年代の人たちにに向けて「国内のことを考えよう」と提案。

放送が終了すると、指原さんは自身のTwitterに早紀恵さんら遺族の記者会見の動画を掲載して拉致問題の啓蒙活動を尽力していました。

 

スポンサーリンク

拉致問題、指原莉乃以外にも称賛…そのワケとは?

拉致被害解決へ呼びかけを行った指原莉乃さん。

しかしこの日の「ワイドナショー」での放送では、指原さん以外の出演者へも惜しみない称賛の言葉が送られています。

その理由は、指原さんもTwitterに投稿した横田早紀江さんの「記者会見映像」。

この映像の中で、横田哲也さんが「何もしなかった政治家や、メディアが安倍総理を批判するのは卑怯だ」と、政権批判を繰り返す人物に痛烈な批判をしました。

この哲也さんの言葉は、放送メディアであるフジテレビにとっても耳の痛い言葉。

しかし放送中、哲也さんの言葉があったことを紹介したことに視聴者からは「よく紹介してくれた」との声が寄せられたのです。

拉致被害者の家族の高齢化が進む中、日本国内で「内輪揉め」している場合ではないはず。

指原さんの言う通り、「みんなで考える」その機会を設けて解決に前進しなければならないのかもしれません。

(文:有馬翔平)