お詫びと訂正
SNSで最新の記事を受け取る

市川海老蔵「88時間食べてません…」丸4日間も食事をしていない事を報告…ファン「本当に心配です」

スポンサーリンク
俳優

画像:時事

22日に自身のInstagramを更新した歌舞伎俳優・市川海老蔵さん、88時間も食事を取っていないことを報告しました。

絶食状態にファンからは「体に悪い」、「なんか怪しい」と心配の声が相次いで寄せられています。

一体、海老蔵さんが食事を取らない理由とは何なのでしょうか。

ad
スポンサーリンク

市川海老蔵「88時間食べてません」まる4日も食事していない?「体に悪い」と心配の声が…

22日、歌舞伎俳優・市川海老蔵さんが自身のInstagramを更新しました。

バランスボールでエクササイズをする海老蔵さんの画像とともに投稿されたのは、ダイエットに励んでいることをほのめかす文章。

しかし、そのダイエット方法があまりにも過酷すぎるものだったのです。

「今88時間食べてません」

海老蔵さんが体重を落とすために取った方法は、「断食」。

日頃から海老蔵さんは筋力トレーニングに精を出しており、体重が79㎏まで増加したそう。

しかし、筋肉とともに余計な脂肪までついてしまったことで体が重く感じ、食事を取らないというストイックなダイエット方法を選択したのでした。

順調に体重が落ち始めた海老蔵さん、ただ投稿を目にしたファンは気が気ではない様子。

「食事を取らない、本当に心配です」

「食事を取って体調を整えることも、お稽古の1つですよ!」

「怪しい健康方法にハマってなければいいんだけどな……」

と、海老蔵さんの体調が悪くなっていないか、心配の声がたくさん寄せられていました。

今回、海老蔵さんは断食の専門家の監修のもとダイエットをしているようで、22日の投稿以降も断食は続けています。

子供たちが食事をする光景に、「味噌汁だけ」と少々の食事は取ったことをほのめかしていましたが、海老蔵さんは「市川團十郎」襲名を控える身。

ストイックなダイエットが、襲名披露に悪影響を及ぼさなければいいのですが……。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Am doing training, everyday. And my core is building up pretty much😉💕 . Right now I haven’t eaten for 88 hours, but my weight is still kept at 77kg so my muscle volume seems to be increasing. For now I’m just continuing to steadily work out. * 毎日やっとりますが、 トレーニング。 結構芯ついてきました😉💕 今88時間食べてませんが 体重は77キロとかなりキープしていて 筋量増えてるみたいです。 今はとにかく コツコツ。 #市川海老蔵 #海老蔵 #成田屋 #歌舞伎 #ABKAI #ABMORI #ebizoichikawa #ebizo #kabuki #thunderparty #theater #theaterarts #actor #japan #classic

Ebizo Ichikawa 十一代目 市川海老蔵(@ebizoichikawa.ebizoichikawa)がシェアした投稿 –

 

スポンサーリンク

断食は有効?芸能界で流行になりつつある健康法か?

体重を落とすために、「断食」という方法を選択した市川海老蔵さん。

ファンからは体調面に悪影響があるのではないか、と心配の声が相次ぎましたが、「断食」は必ずしも無理なダイエット方法ではないよう。

先日、アーティスト・加藤ミリヤさんも「断食」を行ったことを、Instagramで報告していました。

さらにイギリスのシンガーソングライターであるエリー・ゴールディングさんも、40時間の「断食」に挑戦。

今、世界的に「断食」が流行している様子。

では「断食」は本当に体にいいのでしょうか。

実際に断食した人に話を聞くと、「体軽くなって、頭もスッキリする」とのこと。

「断食」することでまず消化器官を休めることができます。

そして、血糖値を下げるためのインスリンの分泌を抑えることで、老化現象を抑制するたんぱく質の働きを促進させることができると言います。

そのため、必ずしも「断食」が体に悪いということはないようです。

しかし、バランスの良い食事に勝る健康法はありません。

海老蔵さんをはじめ、「断食」に挑戦している方々は専門家のアドバイスを受けて行っています。

メリットがあるからといって、ムヤミヤタラに「断食」することは危険ですので、絶対にマネしない方が良いでしょう。

(文:有馬翔平)