お詫びと訂正
SNSで最新の記事を受け取る

木村花、死因は自殺?SNSでリスカや自傷行為を投稿も…テラハのアンチから「死ね、消えてくれ」と誹謗中傷

スポンサーリンク
タレント

(※画像はイメージです)

人気恋愛リアリティショー「テラスハウス」(Netflix/フジテレビ系列)に出演中の女子プロレスラー・木村花さんが、23日、亡くなっていた事が明らかとなりました。

亡くなる直前、自身のインスタグラムでに「さようなら」や「楽しく長生きしてね。ごめんね。」とつづっていた木村さん。

その自殺の理由とは一体何だったのでしょうか。

【関連】テラハ出演のグラドル・林ゆめ「20〜30人くらいかな?」経験人数を暴露…

ad
スポンサーリンク

テラハ出演の女子プロレスラー・木村花、22歳で急死 インスタには「さようなら」

23日、女子プロレスラーの木村花さんが亡くなった事が明らかとなりました。

所属する女子プロ団体「スターダム」が同日に発表、木村さんは22歳という若さでした。

木村さんは、日本人の母とインドネシア人の父を持つハーフで、女子プロレスラーとして「スターダム」という団体に所属しています。

2016年にデビューをすると、その後は様々なタイトルを獲得するなど、プロレスラーとしても活躍していただけでなく、2019年10月から放送の、「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」(Netflix・フジテレビ系列)に出演するなど、タレントしても活動していました。

しかし、23日、22歳という若さで死去。

所属団体は公式ホームページにおいて「いまだ把握出来ていない部分もあり、引き続き関係者間の調査に協力してまいります。」としておりますが、あまりにも早すぎる死に、ネット上では様々な憶測が。

また、木村さんのインスタグラムには、愛猫の写真とともに「愛してる、楽しく長生きしてね。ごめんね。」との投稿も。

そして、インスタグラムのストーリーズ(24時間で消える投稿)では、「さようなら」とつづり、これが最後の言葉となってしまいました。

 

スポンサーリンク

木村花、死因は自殺?テラハのアンチから「誹謗中傷」の嵐

22歳という若さで亡くなってしまった、木村花さん。

死因やなどの詳細は不明であるものの、ネット上では自殺なのではないかとの見解が。

木村さんは前述したとおり、2019年10月から放送されている「テラスハウス」の新シリーズに出演をしているのですが、このテラスハウス内では一つの事件が勃発します。

プロレスのコスチュームが命の次に大切だと語る木村さん。

テラスハウス出演中、そのコスチュームを洗濯した際、洗濯機の中に入れっ放しにして外出してしまったとのこと。

そのことに気がつかず、他の男子メンバーが自分の洗濯物と一緒に回したところ、2回洗濯されてしまったことで、コスチュームが縮んだそう。

これに対し木村さんは「縮んでた。(もう)着れない。」とやり場のない怒りをあらわに。

縮んでしまったコスチュームは、夢だった東京ドームのリングに上がった時のもので、タイトルマッチにも挑戦した時の衣装だったのです。

男性メンバーもわざと洗濯したわけではなかったものの、木村さんの怒りは収まらず、号泣してガチギレ。

これに対し、最初は視聴者も「花、落ち着けよ」という意見が大半を占めていたのですが、この事がきっかけで、徐々にアンチが増えるように。

しまいには、SNS上に「お前がいなくなればみんな幸せなのにな。まじで早く消えてくれよ。」や、「命の次に大切なコスチュームを洗濯して、それを放置してたのはお前だろ?そして、間違えた人を全否定するなんて最低」、「くそきもい。早く消えてください。」などの辛辣な意見が寄せられるように。

こうしたネット上からの誹謗中傷に耐えられず、木村さんは自殺してしまったのではないかと考えられるのです。

ちなみに、木村さんのプロレスコスチュームの一件では、テラスハウスの番組タイトルが「Case Of The Costume Incident(コスチュームの事件)」であり、まさに話の核心的な部分を担っておりました。

 

木村花、死去前にはSNSで「リストカット」の画像や意味深な発言も

自殺ではないか?との見解がなされている木村花さんの早すぎる死。

亡くなる直前には、SNSで意味深な発言を繰り返していたようです。

「毎日100件近く、率直な意見。傷ついたのは否定できなかったから。死ね、気持ち悪い、消えろ、今までずっと私が1番私に思ってました。お母さん産んでくれてありがとう。愛されたかった人生でした。側で支えてくれたみんなありがとう。大好きです。弱い私でごめんなさい。(原文ママ)」

例のコスチュームの一件以来、誹謗中傷が絶えなかったという木村さん。

これが原因なのかは分かりませんが、自身のSNSにはリストカットなどの自傷行為をした画像も投稿。

相当、精神的に追い込まれていたのが分かります。

アンチからの誹謗中傷に絶えられなくて自殺をしてしまったとなれば、悔やんでも悔やみきれないですし、やり場のない悲しみと怒りがこみ上げてきます。

悲しいことに、木村さんがSNS上で最後に「いいね」のボタンを押したのが、アンチからの「早く消えてくれ」というコメントだったそう。

心より、ご冥福をお祈り申し上げます。

(文:服部慎一)