グラドル・林ゆめ「20〜30人くらいかな?」経験人数を暴露も…「元カレ9人なのに」「ただの尻軽じゃね?」

タレント

(※画像はイメージです)

12日に最新話が更新された、「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」(Netflix・フジテレビ系列)

同番組に出演をしたグラビアアイドル・林ゆめさんが、何気なく放った「経験人数」ですが、その多さに、波紋が広がっています。

ゆめさんの経験人数とは一体何人だったのでしょう。

スポンサーリンク

林ゆめ「20〜30人くらいかな?」経験人数を告白も…「付き合ったの9人じゃなかったっけ?」

12日に最新話が更新された、「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」(Netflix・フジテレビ系列)

同番組は、NetflixオリジナルとしてNetflix日本で初公開されたもので、見ず知らずの男女6人が共同生活を送る模様を放送し、「台本のない新たな青春の日々」をモットーにした、恋愛リアリティショーとして知られています。

新型コロナウイルスの影響により、テラスハウス内での撮影を一時休止していた同番組ですが、撮影が停止される前までに収録されていた模様を、12日より1話ずつ更新。

その最新話である41話が更新されたのが、12日。

この放送では、「日本レースクイーン大賞2018」で新人グランプリなどを受賞したグラビアアイドル・林ゆめさん(作中では「吉田 夢」名義)と、林さんに好意を抱いている会社経営者・新野俊幸さんの恋模様が進展します。

2人は、ゆめさんの出身地である北海道へと旅行に出かけ、様々なデートを通じて俊幸さんが猛アプローチを仕掛けます。

北海道らしく「ジンギスカン」を堪能しながら、会話が弾みますが、俊幸さんが「ファーストキスいつ?」と聞くと、ゆめさんは「ちゃんとした感じは中1かな?(その男性とは)付き合ってはないけど」と答えます。

さらに、「初体験はいつなの?」と聞き出し、興味津々な俊幸さん。

すると、ゆめさんは「高2」とだけあっさりと答え、初体験の年齢が17歳であることを暴露しました。

バーへとお店を移動した2人ですが、会話はさらにエスカレート。

シャンパンやテキーラなどを飲み干すと、話は「経験人数」の話に。

「経験人数は?」とゆめさんが尋ねると、「分かんないっす」とお茶を濁す俊幸さん。

逆に、「え?何人くらいなの?」と聞かれたゆめさんは、「逆にね(笑)、20〜30くらいかな」とあっさり答えます。

「お〜!まあまあ…スタンダード」と俊幸さんは強がったのですが、内心は動揺しているようでした。

しかし以前、ゆめさんは、交際していた人数が9人であることを公表していただけに、

《テラハのゆめさん、17歳から現在23歳…1年で5人食い?ただの尻軽じゃね?》

《24歳で付き合った人数9人で、経験人数30ってさすがにヤバイな》

《いやー、多すぎでしょ。ドン引き》

などの、批判的な意見が数多く寄せられました。

スポンサーリンク

林ゆめの元カレとは?15歳年上の男性との交際経験も

経験人数をあっさりと告白したことにより、波紋が広がっている林ゆめさん。

実際に交際した人数は過去に9人と公表しているそうですが、どのような人物と交際した過去があるのでしょうか。

「新世代のくびれ女王」とも称されるゆめさんを、男性陣が放っておくわけがなく、ルックスもスタイルも一流であることから、引く手あまたであると考えれます。

過去に、テラスハウスのインタビューに応じた際には「15歳年上と付き合った事がある」と年上の男性との交際経験も暴露。

直近の元カレに関しては、自身より2歳ほど上だったといいますが、「束縛」が激しすぎたために、それが苦となって別れてしまったそう。

様々な男性経験をしていることで、グラビアでも「オトナの色気」や「魅力」が出るのかもしれませんが、経験人数と交際人数が釣り合っていないことに、疑問を抱く人も少なくありません。

いくら台本のない”リアリティショー”だったとはいえ、本当の人数を報告をする必要はなかったのでは?

(文:服部慎一)

コメント