かまいたち「本当に申し訳ありませんでした」スーツ姿で謝罪会見を生配信…ファンも「確かに不祥事や」

スポンサーリンク
お笑い芸人

(※画像はイメージです)

6日にお笑いコンビ・かまいたちが、自身のYouTubeチャンネルに動画を投稿しました。

かまいたちが投稿した動画で、皆様にどうしても謝りたいことがあります、と伝え話題になっています。

かまいたちは、何を謝罪したのでしょうか。

スポンサーリンク

かまいたちが謝罪会見!自意識過剰だと勘違いした動画の投稿…

6日にお笑いコンビ・かまいたちが、自身のYouTubeチャンネルに動画を投稿しました。

かまいたちが投稿した動画のタイトルは「【お詫び】生配信でかまいたちが皆様にどうしても謝りたいことがあります」というもの。

かまいたちは動画内で、何について謝罪したのでしょうか。

動画内でスーツ姿という正装をした「かまいたち」の2人は、以前投稿したかまいたち・山内健司さんと、濱家隆一さんのバスタイムルーティーンの動画が、「再生回数が少ない」ことを謝罪。

山内さんは、「視聴者のみなさまが、我々のシャンプー、洗顔料、入浴後のアフターケア等に、興味を持っていると勘違いしてしまい、動画を投稿してしまいました」と告白。

自意識過剰であることへの、2人の謝罪は20分ほど続きました。

その後バスタイムルーティーンの反省を受け、山内さんが再生回数が伸びると考えましたが、自意識過剰だと判断し、お蔵入りとなった別の企画を公開。

お蔵入りになった企画には、「山内のナイトルーティーン」や「山内のキャットルーティーン」というものがあり、視聴者がお笑い芸人に求める類の動画ではありませんでした。

謝罪会見の動画を見た視聴者からは、

「バスルーティーンの動画がこの謝罪コントのための伏線なんかなってレベル…くそおもろい」

「何も不祥事おこしてないけどなと思って、動画見たけどあれは確かに不祥事やわ笑」

と、再生回数が低い自分たちの動画をネタとする、かまいたちに称賛の声が多く寄せられました。

スポンサーリンク

芸人がYouTubeの再生回数を増やすには?カジサックの成功の秘訣とは!?

投稿した動画の再生回数が少ないことを、謝罪したかまいたち。

新型コロナウィルスの影響もあり、多くの芸能人やお笑い芸人が、YouTubeに参加しています。

お笑い芸人はどのように、再生回数やチャンネル登録者数を増やす工夫をしているのでしょうか。

人気YouTuberの共通点として、著名人や人気芸能人とのコラボ企画をしています。

お笑いコンビ・キングコングの梶原雄太さんは、「カジサック」という名前でYouTuberとして活躍しており、現在チャンネル登録者数は200万人程。

カジサックの人気は、他の芸人や、著名人をゲストに呼び、テレビでは話すことができないゲストの裏話を、YouTubeで配信していることだと言われています。

ゲストのファンが、カジサックとゲストの共演動画を見て面白いと感じ、他のカジサックの動画を視聴し、カジサックのファンになり、人気が上昇していったとのこと。

面白い企画に加え、この動画でしか見れないという限定感が、YouTubeの再生回数に繋がったといえます。

再生回数が伸びなくて、悩んでいるかまいたち。

他の芸人をゲストに呼ぶコラボ企画が増えると、今後再生回数が伸びていくのではないでしょうか。

(文:M.K)

コメント