水沢アリー「友人がコロナで、重篤な状態」と悲痛の訴えも…『売名行為』との批判が殺到

スポンサーリンク
タレント

画像:時事

26日、タレント・水沢アリーさんが自身のInstagramを更新。

新型コロナウィルスにかかった友人が重篤な状態に陥り、生死の境をさまよったことを明らかにしました。

その友人の状況を目の当たりにして、「外に出ないで」と呼びかけた水沢さん。

しかし、「公表してくれてありがとう」と称賛の声が集まった一方、「嘘くさい」と水沢さんを批判する意見もたくさん寄せられる結果に。

なぜ、水沢さんに批判的な意見が集まってしまったのでしょうか。

スポンサーリンク

水沢アリー「外に出ないで」友人がコロナで重篤な状態を公表!「売名行為」と批判集まる…

26日に、自身のInstagramを更新したタレント・水沢アリーさん。

水沢さんが投稿した動画は、「ある事実」の報告でした。

「私の友達が、コロナにかかって2日間意識不明だったの」

水沢さんの報告は、友人が新型コロナウィルスに感染し、重篤な状態に陥っていたということ。

現在その友人の容体は安定し、一命はとりとめましたものの、まだ病院で治療を受けているよう。

水沢さんはそのことから「外には出ないで」と、呼びかけるために動画を投稿したのでした。

「呼びかけてくれてありがとう!」

「改めて外出は控えようと思いました」

水沢さんがInstagramで動画を投稿すると、コメント欄には水沢の行動を称賛するコメントが寄せられました。

ただその一方で、

「嘘くさいんだよな…なんか信じられない」

「コロナを使った売名行為じゃないの?」

と、水沢さんを疑う声も。

結局、ネット上では賛否両論の状態になってしまいました。

新型コロナウィルスが未曾有の猛威をふるう中、たくさんのタレントが予防の呼びかけを行っており、多くの支持を得ています。

しかし、水沢さんには称賛だけでなく批判も集まってしまいました。

一体、何が原因となっているのでしょうか。

 

スポンサーリンク

水沢アリー、批判は過去の「売名行為」が遠因?過去にキャラづくりを告白!

外出自粛を呼びかけたにもかかわらず、批判が噴出してしまった水沢アリーさん。

なぜ、「嘘くさい」、「売名行為」と言われてしまったのでしょうか。

それは過去に水沢さんが、暴露した自身の秘密に関係している可能性が。

以前、年上のタレントにもタメ口で話し、人気を博していた水沢さん。

しかし次第に、そのキャラクターに加えて、美容整形しているのではないかと「胡散臭さ」が指摘されていきます。

結局、テレビから姿を消してしまうことになった水沢さんは昨年に、キャラづくりと美容整形の事実をバラエティ番組で認め、告白したのです。

それでも、「胡散臭い」というイメージは払しょくすることができず、今回のような呼びかけを行っても批判が少なからず出てしまうのだと考えれます。

ただ、水沢さんが呼びかけている内容は正しいこと。

緊急事態宣言が出ても、不要不急の外出をする人が未だ後を絶たないという現状で、影響力のある人による呼びかけは、必要なことだと思います。

「胡散臭さ」を作ったのは水沢さんの身から出たサビですが、この緊急事態の中、正しい行為には称賛を送ってもいいのではないでしょうか。

(文:有馬翔平)

コメント