中村仁美、コロナで自宅待機の夫・大竹一樹に対し「家は休む場所じゃないから」とキツい一言

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

4月14日に放送された、「伊集院光とらじおと」(TBSラジオ)。

この日、同番組にゲスト出演したのは、お笑いコンビ・さまぁ〜ずの大竹一樹さん。

新型コロナの影響で、仕事が無くなってしまった大竹さんは、ずっと家にいる生活をしていると暴露しましが、そこには様々な苦労があるようです。

スポンサーリンク

大竹一樹、妻・中村仁美からキツ〜い一言「家は休む場所じゃないから」

4月14日に放送された、「伊集院光とらじおと」(TBSラジオ)。

毎週月曜から木曜日、8:00〜11:00の間で生放送されている同番組は、MCのタレント・伊集院光さんと、曜日ごとに変わるアシスタントの方が進行役となり、毎回ゲストを迎えてトークをするという番組。

この日の放送でゲスト出演をしたのは、お笑いコンビ・さまぁ〜ずの大竹一樹さん。

開口一番、「今週1週間でこの一本しか仕事がありません、休みの中の仕事みたいな感じで、一つよろしくお願いします。」と、新型コロナの影響で仕事が激減していることを告白した大竹さん。

さまぁ〜ずのお2人は、現在でも「Qさま!!」(テレビ朝日系列)や、「さまぁ〜ず×さまぁ〜ず」(テレビ朝日系列)、「モヤモヤさまぁ〜ず2」(テレビ東京)などの冠番組を抱えておりますが、新型コロナの影響で、それら全ての収録が中止に。

大竹さんは「俺らの番組は街歩き・客入れ・世界にロケ行くやつだから、ずっと家にいる」と話し、「結婚して初めてこんなに家に居る、史上初」と、自宅のなかでずっと過ごしていることを告白。

大竹さんといえば、2011年に元フジテレビアナウンサーの中村仁美さんと結婚し、現在は3児の父親という一面もある方。

一方で、バラエティ番組に出演するたび奥さんの恐妻ぶりを発言し、笑いにかえてきました。

伊集院さんは、大竹さんの妻・中村さんと最近会ったそうで、番組内で「奥様がフルマックスのテンションで愚痴ってた」と暴露。

「子供の面倒はいいけど、旦那の飯が超めんどくさい!」と話していたことも公表し、笑いを誘っていました。

家にずっといることが初めての大竹さんは、家での居場所がないのか「家での居方」が分からず、「家で(妻に)ずっと怒られている」とした上で、「家で、ずーっと立ってんの」と続けます。

この理由について大竹さんは、「これ言うと怒られるんだけど、『家は休むとこじゃないから』っていう名言を吐かれたことあったから、それ以来立ってます」と明かし、スタジオは笑いに包まれました。

 

スポンサーリンク

大竹一樹、妻・中村仁美も呆れる?強すぎる「こだわり」とは

家にいることが珍しすぎて、奥さんから怒られっぱなしの大竹さん。

以前、妻の中村仁美さんがバラエティ番組に出演した際には「そもそも夫はこだわりがすごい強いんです」と、夫・大竹一樹さんの「こだわり」が強いことも公表。

「今日、お鍋にしようと思うんだけど…」と、大竹さんに質問をすると「何味?」と返答が来たことから、「この人はこの味じゃなければ嫌なんだ」という強いこだわりがあることを感じたそう。

また、大竹さんは「朝食に何を食べたいか」はその日の気分で決まることから、作り置きが出来ないのだそうで、洗濯に関しても、素材・色・用途などをしっかり仕分けをし、それぞれ、洗い・すずぎ・脱水の仕方を変える徹底ぶり。

こうした強いこだわりがあるからこそ、家での妻・中村さんのストレスは計り知れないといいます。

大竹さんのこだわりの強さが、前述の「旦那の飯が超めんどくさい!」という中村さんの言葉に現れているのでしょう。

新型コロナの影響で、普段家にいない旦那が居るストレスにより、増えているという「コロナ離婚」。

大竹さん夫婦が「コロナ離婚」に至らないためには、「強すぎるこだわり」を見直してみるのもいいかもしれません。

(文:服部慎一)

コメント