餅田コシヒカリ、ハムスターの『飼育方法』に視聴者が絶句…「飼う資格ない」「酷すぎる」

スポンサーリンク
お笑い芸人

出典:餅田コシヒカリ公式Instagram

6日に放送された「有吉ゼミ」(日本テレビ系列)。

同番組に出演したお笑い芸人「駆け抜ける軽トラ」・餅田コシヒカリさんの、ハムスターの飼育方法に悲鳴が上がっています。

視聴者から「やめて!」と言われた、餅田さんのハムスターへの接し方とはどのようなものなのでしょうか。

スポンサーリンク

餅田コシヒカリの、ハムスターの飼い方に悲鳴!もはや虐待?

6日に放送された「有吉ゼミ」(日本テレビ系列)。

この日放送されたのは、「ゴミ屋敷片付けレスキュー」。

片付けの得意なタレントが、散らかし放題の家を訪れ、キレイサッパリ片付けを行うというもの。

今回、片付ける部屋に住んでいるのは、お笑い芸人「駆け抜ける軽トラ」・餅田コシヒカリさんの自宅でした。

餅田さんといえば、フリーアナウンサーの加藤綾子さんに顔だけ似ているとして、現在ブレイク中の芸人。

しかしその可愛らしい顔とは裏腹に、自宅はゴミが散乱し、足の踏み場をないほどの「汚部屋」状態だったのです。

お弁当の容器が散乱し、生ゴミのような異臭を放つ部屋に、スタジオからも悲鳴が上がりましたが、視聴者の興味は、その汚部屋で飼育されていたハムスターに注がれます。

餅田さんが飼育していたのは、栗色の体毛が可愛らしいゴールデンハムスター。

しかし、「まるで歌舞伎町にいるネズミみたい」と言われるほど、運動不足なのか全体的に丸々と太っていました。

あまり適切な飼育をされていない様子に、

「ハムスターがかわいそう!あんな汚い部屋で、太らせるなんて飼う資格ない」

「本人が汚い部屋に住もうが勝手だが、ハムスターに同じことさせんなよ……ひどすぎる」

と、ハムスターを飼育している視聴者から、批判が殺到しました。

中には、「もはや虐待では?」と、持田さんの飼育方法が「虐待」だと指摘する声も。

 

スポンサーリンク

餅田コシヒカリ、ハムスターの飼い方を理解していない?太った原因!

飼っているハムスターの様子から、批判が殺到し、「虐待」とまで言われてしまった餅田コシヒカリさん。

ではなぜ、批判が殺到するほど、ハムスターは異常に太ってしまったのでしょうか。

原因は、運動不足だと思われます。

ハムスターは、種類によって大きさが異なります。

餅田さんが飼っているゴールデンハムスターは、ハムスターの中でも大きい種類で、大きさ120gまで成長します。

しかしその体格の割りには、持田さんが用意したゲージは小さく、さらに運動させるための器具「回り車」も小型のハムスターのものでした。

そのため、ハムスターが十分な運動ができずに、丸々と太ってしまったのでしょう。

ゲージの大きさは、番組を観ていた視聴者からもSNSを通じて餅田さんにアドバイスがありました。

そのアドバイスを受け、持田さんは近々、新しいゲージを購入するよう。

飼育している動物の体調を管理するのも、飼い主の役目。

知識がなくて管理できなかった餅田さんも、これからはハムスターを正しく飼育できるのではないでようか。

(文:有馬翔平)

コメント