本田翼「3分半、私にください!」一本のYouTube動画に込められた、熱い想いとは?

スポンサーリンク
タレント

出典:本田翼公式Instagram

4日に女優の本田翼さんが、自身の公式YouTubeアカウント「ほんだのばいく」にて、動画をアップロード。

「3分半、私に下さい。」というタイトルの動画では、本田さんの熱い想いが込められていると話題になっています。

本田さんは、この動画で何を伝えたのでしょうか?

スポンサーリンク

本田翼「3分半、私にください!」今、若者に呼びかけることとは?

4日、女優・本田翼さんの公式YouTubeアカウント「ほんだのばいく」に、一本の動画がアップロードされました。

「3分半、私に下さい。」というタイトルのこの動画に、本田さんの熱い想いが込められています。

周知の事実だから本田さんは不要と思いつつも、ファンからの要望に答える形で、コロナウィルスの注意喚起の動画をあげています。

この動画で本田さんは、不要不急の外出を控えるといった自粛行動や、若者でも感染する恐れがあり、また友人や高齢者に感染させる恐れがあるというリスク面を、説明しています。

また、「ゲーム・漫画・Netflix」といった本田さん流の自宅での楽しみも公開。

最後に「自分自身の身を守ることが、相手の身を守ることに繋がります。私自身も気をつけます」とメッセージを残しました。

「本田翼ちゃんが言えば、みんな言うこと聞くと思ってんだろ?俺もそう思う。」

「総理大臣が出す緊急事態宣言よりも効果的」

と、ネット上で、本田さんの指摘が効果的だという意見がたくさん寄せられています。

 

スポンサーリンク

本田翼だけではない!多くの芸能人の注意喚起!

本田翼さんが、コロナウィルスに対して注意喚起の動画をあげてくれました。

現在、本田さん以外にも、多くの芸能人が感染拡大の注意喚起を呼びかける運動に加担しております。

例えば、アーティストのT.M.Revolution・西川貴教さんは、ウイルス除去に効果的な30秒の手洗いを、「Happy Birthday To You」のメロディーにのせて、2回歌うという動画を公開。

また、お笑い芸人・古坂大魔王さん自身がプロデュースするアーティスト・ピコ太郎さんは、自身のYouTubeチャンネルで、丁寧な手洗いを呼びかける新曲「PPAP2020」を披露しています。

多くのタレントが、このように注意喚起することにより、一層若い人の目に留まり、コロナウィルスに関して意識が上がってきています。

政府が注意喚起するより、自分の好きな芸能人からコロナウィルスの注意喚起をされる方が、より親身に考えることができるのでしょう。

(文:M.K)

コメント