SNSで最新の記事を受け取る

安田顕、『オナラ芸』は父親からの遺伝?過去に行った両親の実験に、視聴者も爆笑

スポンサーリンク
俳優

16日に放送された「有吉ゼミ」(日本テレビ系列)。

同番組に出演した俳優・安田顕さんが、尊敬して止まない父・弘史さんの元を尋ねました。

「オナラ」は安田さんの代名詞でもありますが、弘史さんも「オナラ」で「とある衝撃なエピソード」を持っていました。

スタジオも爆笑した、そのエピソードとはどのようなものだったのでしょうか。

ad
スポンサーリンク

安田顕も唖然!父・弘史が行った「オナラ」での実験!

16日に夜に放送された「有吉ゼミ」(日本テレビ系列)。

この日、「兄弟有名すぎ芸能人」という、兄弟に芸能界とは別の業界で有名人がいるタレントが集結。

そのタレントらの中に、俳優・安田顕さんの姿が。

安田さんの兄・史生さんは作詞・作曲家で、特にアニメソングなどを手掛けている方。

ただ今回の放送では、史生さんだけでなく、安田さん自身も尊敬して止まないという人物が登場しました。

それが、2人の父・弘史さんです。

弘史さんは御年78歳になりますが、出会い頭からジョークを飛ばしてくる、とても明るい人柄。

さらに、安田さんは弘史さんについて、とある衝撃的なエピソードを語ります。

「父と母が昔、オナラで実験していたんですよ」

それは安田さんがまだ生まれる前のこと、弘史さんは妻と、「オナラに火を付けたらどうなるのか」という実験を興味本位で行っていたそう。

実験の結果、勢いよく出たオナラは「青白い」色で、勢いよくなかったオナラは「オレンジ」色になったのだとか。

オナラといえばまさに安田さんの代名詞。

そのルーツが弘史さんにあったということで、

「けんちゃんのオナラは、父親譲りかい!」

「安田さんの屁のルーツが知れて、感慨深い」

と、ファンは感動している様子でした。

 

スポンサーリンク

安田顕の「オナラ」は遺伝?父譲りの病気の可能性も!

かつて自由自在に「オナラ」ができることで、北海道のスターの1人にのし上がった安田顕さん。

しかし、そのルーツは父・弘史さんにあることが明らかになりました。

では、オナラは自由自在に出せるのは遺伝なのでしょうか。

これは遺伝の可能性が高いと思われますが、オナラの回数が多い体質が遺伝したというわけではなく、オナラの回数が増える病気が遺伝したことが考えられます。

オナラの回数が増える病気に、「過敏性腸症候群(IBS)」という病気があります。

これは、常に腸が動いている状態で、常に腹痛に襲われたり、ひどい便秘になったりと人によって症状が変わる病気です。

その症状の1つに、オナラの回数が増えるというものがあり、さらに過敏性腸症候群は親子でかかることも多いことから、安田さんと弘史さんは、共に過敏性腸症候群を患っていると考えられるのです。

過敏性腸症候群は、特段悪くなる病気ではありません。

これからも、親子そろっての「オナラ」芸を期待したいと思います。

(文:有馬翔平)