文:Quick Timez 編集部

フワちゃん、災難続きのシドニーでの年越しを回顧「楽しいことばっかじゃないけど…」

フワちゃんタレント
画像:時事通信フォト
スポンサーリンク

9日深夜に放送された「フワちゃんのオールナイト日本0(ZERO)」(ニッポン放送)にタレントのフワちゃんが出演しました。

2022年から2023年にかけて、オーストラリアのシドニーで年越しをしたというエピソードを明かしています。

スポンサーリンク

フワちゃん、シドニーでの年越しを回顧

9日深夜に放送された「フワちゃんのオールナイト日本0(ZERO)」(ニッポン放送)。

タレントのフワちゃんが出演しました。

新年一発目の放送ということもあり、元気いっぱいに挨拶するフワちゃん。

「みんな、年越しの瞬間何してたぁ?」と、自身の自慢を聞いてほしいがために口から出た言葉だったようで「なんとオーストラリアのシドニーで年越ししてきました!」と大興奮の様子で語り始めます。

「すっげー、かっけ〜、憧れる〜」と自分で話し、初めての芸能人らしい年越しに至極、ご満悦の様子。

続けて「時差の関係もあって」とし、「みんなよりも2時間も早く年越ししましたので、何か聞きたいことあればなんでも聞いてください」、「いつでも力になります」と、上から目線でリスナーに呼びかけます。

さらに「みんなよりも2023年を2時間長く経験してる」として、「楽しいことばっかじゃないけど、みんなも気楽に過ごして」と呼びかけていました。

スポンサーリンク

フワちゃん、改善の努力虚しく飛行機乗り遅れはもはや定番ネタ!?

今回、番組開始早々、年越しをオーストラリアで過ごしたという「芸能人らしい」お正月トークに花を咲かせたフワちゃん。

しかし、フワちゃんはここでもリスナーがフワちゃんに求めているであろう「飛行機」に関する話題に言及。

フワちゃんは、これまでも時間に対するルーズさから飛行機に乗り遅れるなどの失敗がもはや恒例となっており、今回も案の定、飛行機に乗り遅れたようで「もちろん乗り遅れましたよ」とあっけらかんと話し始めます。

今回、フワちゃんはオーストラリアで3都市回ったそうで、国内線の搭乗が多かったよう。

いつも乗り遅れるなど、何らかのハプニングに見舞われるため「朝に乗る便は、ちゃんとホテルもとって、遅れないように集合して。保安検査場の時間が20分前までってことも、ちゃんと踏まえて行動してた」と、それなりに対策をして臨んだことを明かします。

しかし、早朝の便だったこともあり、フワちゃんは想定通り寝坊。

ヘアメイクもそこそこに慌てて荷物をパッキングするも、慌ててホテルの部屋を出たため、インキー(カードキーを部屋に忘れてロックがかかること。インロックとも)となり、エレベーターで階下に降りることも叶わなくなったそうです。

待ち合わせには多少の余裕を持っていたようですが、そのインロックトラブルにより、保安検査場の25分前に到着し、間に合うと喜んだのも束の間で、荷物を預ける場合は30分前までに手続きしなければならず、アテンドに確認したところ「人は乗れるが荷物は運べない」と言われたそうで逆上するなど、自身の行いを棚に上げ同行したスタッフに宥められる始末。

直近では自身のツイッターでパスポートを忘れ韓国に渡航できず、海外ロケに大遅刻するという失態を犯したフワちゃん。

社会通念上、仕事での遅刻はもちろん、プライベートでの遅刻さえ人としての信頼を失いかねない事柄です。

度重なる遅刻ネタを新年早々笑い飛ばしてエピソードトークするのはなんともフワちゃんらしいですが、共演回数の多いお笑い芸人の有吉弘行さんから「親の顔が見てみたいよ」と苦言を呈するリプライが送られるなど、決して笑いに変えることはできません。

ラジオでは乗り遅れないような工夫を明かしていたこともあり、パスポートは前日までに準備する、早朝の便は回避するなど、今までの失敗を箇条書きにし、同じ失敗を繰り返さない努力も感じていきたいところです。

(文:Quick Timez 編集部)