ヒコロヒー、自身の貧乏メシをめぐり女優・高岡早紀の天然エピソードを暴露

文:Quick Timez 編集部
高岡早紀TV番組
スポンサーリンク

画像:時事通信フォト

・11月4日放送の「人志松本の酒のツマミになる話」(フジテレビ系)に、お笑い芸人のヒコロヒーさんが登場。

・下積み時代の生活に関する話が話題になっています。

スポンサーリンク

ヒコロヒーが明かした貧乏メシと女優・高岡早紀の天然エピソード

11月4日放送の「人志松本の酒のツマミになる話」(フジテレビ系)に、お笑い芸人のヒコロヒーさんが登場。

高岡早紀さんをめぐる暴露トークが話題となりました。

今回の「人志松本の酒のツマミになる話」は、「私の事、好きなのかな?」「歯並び気にしてる?」「貧乏を思い出すご飯」「一発で分かる運動神経ゼロ」というテーマで番組が進行。

番組は中盤、「貧乏を思い出すご飯」というテーマに。

今はテレビの第一線で活躍している出演者たちが、それぞれ貧しかったころの食事情を明かしました。

そしてヒコロヒーさんの貧しかったころの食事の話に。

ヒコロヒーさんは大阪の有名な激安スーパー「スーパー玉出」にて、1円のこんにゃくや豆腐、天かすと共にご飯を食べていたそう。

そして最近、テレビ番組で貧乏メシを紹介する際にこのレシピを紹介したそう。

ヒコロヒーさんは、「きっしょいメシですね、よう食うてましたわとか言いながらいざ実際食べてみると、自分でも信じられないくらい涙が出てきて」と、貧しかった過去を思い出して泣いてしまったそう。

するとその番組で共演した女優の高岡早紀さんから、「どうして泣いてるの?全然美味しくないよ?」と言われたそう。

スタジオからは笑いが起きつつ、ダウンタウンの松本さんらは「言わんでええねん」、千鳥の大悟さんからは、「その話はお前が泣いたで終わらしときゃええ」とツッコミ。

ヒコロヒーさんの面白いオチの持っていき方で笑いを誘いました。

スポンサーリンク

激安メシを食べていたヒコロヒーの下積み時代とは

1円の食材3つと白いご飯という激安メシで生活をしていたヒコロヒーさん。

ピン芸人としてデビューをしましたが、しばらくは目が出ず、20代の間はずっと彼氏の家に住み着いていたそう。

その後彼氏の家も追い出され、住む家もなかったのだとか。

当時のことを、「あの時は本当に頭がおかしくなりそうでしたね」と語っていたことも。

また、売れない間に作った借金の総額は250万円。

家賃50万、消費者金融に50万、元カレに80万、以前のバイト先に40万円借りていたそう。

しかしながら、借金に関しては2021年に自身のYouTubeチャンネル「ヒコロヒーの金借りチャンネル」にて、完済したことを明らかにしました。

非常に苦労した過去があるからこそ、そのハングリー精神で現在の活躍している姿があるのでしょう。

今後のヒコロヒーさんの活躍に注目です。

(文:Quick Timez編集部)