山脇百合子さんの死因とは?夫の情報や子供は何人いる?

文:服部慎一
ぐりとぐらトレンド
スポンサーリンク

画像:時事

・大人気絵本「ぐりとぐら」(福音館書店)で挿絵を担当したとして知られる画家の山脇百合子さんが、亡くなっていたことが明らかとなりました。

・山脇百合子さんの死因とは何だったのでしょうか。

・また、夫や子供などの情報はあるのでしょうか。

スポンサーリンク

「ぐりとぐら」で挿絵を担当した山脇百合子さん 死去

6日までに、大人気絵本「ぐりとぐら」(福音館書店)の挿絵を担当したとして知られる画家の山脇百合子さんが、亡くなっていたことが明らかとなりました。

山脇さんは、実の姉で児童文学作家として知られる中川李枝子さんと1963年に「ぐりとぐら」を発表。

双子の野ねずみを主人公とする同作品は、2018年3月時点でシリーズ累計発行部数は2630万部に達するなど、大ヒットを記録しており、日本を代表する絵本作品に。

青い帽子と服を着用しているのが「ぐり」、赤い帽子と服を着用しているのが「ぐら」という可愛らしいキャラクターを描いており、同作は発表後にシリーズ化されロングセラーとなりました。

山脇さんはその後も中川さんとのコンビで「そらいろのたね」や「たからさがし」、「いやいやえん」など、数多くの作品を世に送り出しており、1967年に厚生大臣賞、2013年には菊池寛賞といった栄えある賞を受賞しています。

山脇さんの訃報を受け、SNS上では「ぐりとぐら」がトレンド入り。

ネット上からも、

《ぐりとぐら。勿論幼少期に読んだ日本の絵本。 素敵な作品を本当にありがとうございました….》

《山脇百合子さん、亡くなられたのか。 ぐりとぐら、へなそうる、大好きだった。》

《まじか…ぐりとぐら懐かしいな。よく読み聞かせしてもらってた。ご冥福をお祈りします》

などといった哀しみの声が寄せられています。

また、山脇さんの死因についてですが、シェーグレン症候群による衰弱死とのことで、葬儀や告別式は近親者のみで執り行われたとのことです。

関連記事:津原泰水さんの死因の病気とは?長らく闘病生活をしていた

スポンサーリンク

山脇百合子さんの夫とは?子供は何人いる?

80歳という年齢で亡くなった山脇百合子さんですが、20代前半で現在の夫と結婚をしております。

結婚前の旧姓は大村だったそうで、東京都でも屈指の進学校である東京都立西高等学校を卒業後に、上智大学外国語学部フランス語科に進学をし、同科在学中に「いやいやえん」のイラストを手がけています。

会社員だった夫は仕事が忙しく、家事や子育てなどはあまり手伝わなかったようですが、山脇さんは子供を3人出産しており、長女、長男、次女とそれぞれ3歳ずつ離れているとのことです。

山脇さんは若くしてイラスト絵の仕事をしていたため、夫の母親(義母)に子育てを手伝ってもらうこともしばしば。

また、育児をしながら仕事をするという考え方があまり浸透していない時代だったためか、子供を寝かしてつけた後に、仕事する日々を送っていたのです。

子育てと家事、仕事などに忙殺される中で生まれた「ぐりとぐら」。

今後も日本の教育現場には欠かせない作品となることでしょう。

ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。

(文:服部慎一)