津原泰水さんの死因の病気とは?長らく闘病生活をしていた

文:服部慎一
トレンド
スポンサーリンク

河出書房新社が5日、小説家の津原泰水さんが亡くなったことを公表しました。

津原泰水さんの死因や病気とは一体何だったのでしょうか。

スポンサーリンク

小説家・津原泰水さん死去 ネットでは哀しみの声広がる

5日、河出書房新社が公式サイトを更新。

「【訃報】津原泰水さん逝去のお知らせ」と題し、小説家の津原泰水さんが亡くなったことを明かしました。

同社は公式ホームページを通じ、「小説家の津原泰水さんが、10月2日に58歳で逝去されました。ご家族からのご連絡を受け、お知らせいたします。」と、報告。

「津原さんは長篇『夢分けの船』(「文藝」連載・完結)、宇野亞喜良さんとのコラボレーション企画『ヴィジュアル版 五色の舟』、「短篇集」など多くの本を読者に届けようと進めておりました。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。」と、していました。

津原さんは広島県出身の小説家で、著書に「バレエ・メカニック」や「11 eleven」などの、SFおよびミステリー作品がある方。

2012年には、「11 eleven」で第2回Twitter文学賞国内部門で1位を獲得するなど、数多くの賞を受賞しており、ファンも多数いるのが特徴です。

津原さんは、8月7日までは自身のTwitterを更新しており、ファンとの交流を楽しんでいたようですが、このツイートを境に9月以降は更新がストップしていました。

ネット上では突然の訃報を受け、

《津原泰水さん、あんなに元気にツイートしてたのに!と思って確認したら8月でツイートが止まってた。同い年なのでショックです。大作家ですよ。》

《津原泰水さんそんな》

《え?嘘でしょ…》

《津原泰水さん亡くなられたのか…… 蘆屋家の崩壊がすごく好きだったな ご冥福をお祈りします》

などの哀しみの声が広がっています。

関連記事:竹内幸輔さん、死因は病気…亡くなる前日には自身のTwitterで腹痛を訴える

スポンサーリンク

津原泰水さんの死因の病気とは?長らく闘病生活をしていた

河出書房新社社は5日、公式Twitterを更新しており闘病の末「10月2日に逝去されました」と報告をしております。

一方、津原さんのTwitterやFacebook等のSNSを確認しても、闘病の事実はなく、同社Twitterの「突然の訃報に、関係者一同、大変驚いております」という文言からも、関係者にも病気の事実を明かしていなかったのだと考えられます。

病気や闘病生活について一切明かしておりませんが、Facebookに関しても8月までは普通に更新をしていたようです。

ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。

(文:服部慎一)