栗山千明、「百万石まつり」撮影禁止に謝罪ツイート「皆様のご不満を招く原因」「ご配慮に甘えてしまった」

文:Quick Timez 編集部
栗山千明俳優・女優
スポンサーリンク

画像:時事

12日に自身のツイッターを更新した女優の栗山千明さん。

栗山さんは、金沢市で今月4日に開催された「百万石まつり」にて、参加した栗山さんへの写真撮影や動画撮影の禁止が呼びかけられ、SNS上に不満の声が噴出したことについて謝罪文を投稿しました。

スポンサーリンク

栗山千明、「百万石まつり」撮影禁止に謝罪ツイート

12日に自身のツイッターを更新した女優の栗山千明さん。

自身が金沢市で今月4日に開催された「百万石まつり」に出演した際、メインイベント「百万石行列」にて肖像権保護を理由に写真撮影や動画撮影の禁止を呼びかけ、祭りに参加した一般人からの不満がネット上に噴出したことに対して自身の胸の内をつづりました。

栗山さんは「百万石まつりを楽しみにしてくださっていた皆様、誠に申し訳ございませんでした」と冒頭で謝罪。

続けて「私が参加し、関係者の方々のご配慮に甘えてしまった事が、皆様のご不満を招く原因だったと思います」と自身の行動を振り返り反省の弁を記しています。

「ご配慮、ご尽力されたお祭り関係者の方々が残念に思うような発言や投稿は御控えいただけますと幸いです」と訴えた栗山さん。

さらに「私自身思わぬ反響に心苦しく思っています」とネットに不満の声があがった現状に戸惑いを見せつつ「改めまして、誠に申し訳ございませんでした。そして関係者の方々、応援して下さった皆様、本当に有難う御座いました」と、感謝の言葉で締め括りました。

スポンサーリンク

肖像権に一石投じた案件となるか

百万石まつりは、石川県金沢市で毎年6月に開催されるお祭りです。

新型コロナウイルス感染対策の影響により、3年ぶりの開催となった百万石行列には、お松の方役の栗山さんに加えて、前田利家公役に俳優の竹中直人さんが出演。

これまでも芸能人がゲストとして出演しイベントに華を添えてきた中、今年に限っては金沢市と金沢商工会議所で構成する実行委員会が公式サイトにて「肖像権保護のため写真撮影・録画及びSNSへの投稿をご遠慮ください」との案内を掲載。

当日は現場でスタッフが立て看板を持ち、撮影やSNS投稿禁止を叫んでいました。

肖像権とは、「人は誰しもが無断で撮影されたり、それを公表されたりされないよう主張できる権利」のこと。

著作権と同様、個人の人格を守る権利であり、すべての人に平等に認められている権利です。

人格権的利益が法的に保護されているのは過去の判例上、古くから認められており、異論のないところですが、一方で知名度のある俳優やタレント・スポーツ選手などについてはいかがでしょうか。

憧れの対象となるあまり、そこには人を惹きつける吸引力生まれる一方で、その経済効果から「パブリシティ」が生まれます。

公開内容が称賛の内容であったとしても、誹謗中傷であったとしても全ての人がいさ久しく不快とならないよう、公開された画像が誹謗中傷の矛先となる危険性も孕んでいるのならば、それは避けてしかるべきもの。

とはいえ、今回のお祭りはプライベートではなく、公共のイベントにもかかわらず肖像権を主張され、戸惑った一般人も多かったことでしょう。

時代絵巻の世界観を堪能したい人にとっては有名無名は重要ではなく、今や老若男女問わず、カメラ機能が搭載されているスマホを所持している人も多く撮影禁止を謳うには無理のある案件だった今回。

主催者サイドのうやむやな返答により、消化不良気味の結果となったお祭りになりました。

(文:Quick Timez編集部)