当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」、「霜降りミキXIT」に取り上げられました

長渕剛「メジャーレコードはタコだな」音楽業界への痛烈ダメ出しが大反響「スカッとした」

スポンサーリンク
歌手

画像:時事

2月19日放送の「まつもtoなかい~マッチングな夜~」(フジテレビ系)。

特別番組の第2段となった今回の放送でも、意外な組み合わせでマッチングした芸能人2人がトークを繰り広げる様子が放送。

その1組として、千鳥・大悟さんと歌手の長渕剛さんも出演し、長渕さんの様々な発言が視聴者の注目を集めたようです。

スポンサーリンク

「メジャーレコードはタコ」 長渕剛が音楽業界に強烈発言

2月19日放送の「まつもtoなかい~マッチングな夜~」(フジテレビ系)。

松本人志さんと中居正広さんが「会わせてみたい2人」をマッチングし、対談する様子を仲人として見守るという特別番組。

その第2段となった今回の放送でも、意外な組み合わせでマッチングした芸能人達がトークを繰り広げる様子が放送されました。

その1組として、歌手の長渕剛さんと、長渕さんの生き方に多大な影響を受けたという千鳥の大悟さんが出演。

憧れの長渕さんを目の前に大悟さんが緊張して言葉が出てこないという独特な雰囲気の中トークが展開し、その話題の1つとして「コンプライアンス」について語る場面が見られました。

コンプライアンスについては、「僕は関係ないね。ある程度行きますね」というスタンスをとっているという長渕さん。

一方、「メジャーレコードにいるときはいろんなことはあるかもしれない。表現は制約されていくから、日本からもう表現が全部なくなるんじゃないかっていう危機は感じるね」と、コンプライアンスが厳しい日本の制約に危機感を感じているそう。

その理由として、「若いときって力ある者に対して歯向かうのが当たり前。そこに対して歌があると『冗談じゃない』って歌を書くのは当たり前。」、「そこにメジャーレコード会社がくっつくと、結局タイアップ取りたいから『この詞を削除してくれ』って言われるわけ。若いミュージシャンたちは本当はこういうことを歌いたいのに、黒を白と歌って表現しなきゃいけないみたいなことがある」と、若いミュージシャンが思い通りの曲を出せないことを指摘。

「メジャーレコード、クソだなと思うよ僕は。タコだな」と、歯に衣着せぬ発言をみせた長渕さんでした。

スポンサーリンク

「やっぱりプロ」「カッコいい」 長渕剛のトークに視聴者からも様々な反響が

この日、「まつもtoなかい」に出演し音楽業界に対する歯に衣着せぬ発言をみせた長渕さん。

その他にも若いミュージシャンに対し、「ミュージシャンは殺す気がないとダメ。殺すか殺されるか」、「大事なことは戦うといはう姿勢。 自分の命をどこで使いきるか。」など、一見過激でありながら音楽業界に対する熱い情熱や的を得た発言を連発しました。

また、話題は変わり「どこで我々は恋をすりゃいいんだよ。結婚してれば誰一人愛してはだめだってなってくるけどそうはいかないでしょ?」と、モテたい願望のある長渕さんの発言をきっかけに、不倫がバレた際の週刊誌インタビューを実演する場面も。

「あのデートは本当ですか?」と中居さんが週刊誌が来た体で質問を投げかけると、「ああ、したよ」と少し気まずそうに返答。

続けて大悟さんが「奥さんに悪いと思わないんですか」と聞くと、「思うけどしたよ」と正直に返答しながら照れ笑いを見せるなど、意外な一面も見せた長渕さんでした。

様々な表情を見せた長渕さんに、視聴者からも

長渕剛が地上波でメジャーレーベルはクソだって言ったの聞いてスカッとした。コンプライアンスにがんじがらめな昨今の話。

《トークから歌まで、長渕剛ってやっぱりプロのアーティストだなって思ったし、全てに気合いが入ってて、改めて素晴らしい歌手だなと思った》

《やはり、信念持ってる人はかっこいい》

メジャーレコードはクソだなって言える長渕剛すごい。ここまではっきり言える人もなかなか居ないよなあ

など、歯に衣着せぬ発言を絶賛する声や

長渕剛さんモテに対してだけちょっと照れあるの可愛い

愛を語る長渕剛はめっちゃ可愛い

など、意外な一面を喜ぶ声など、様々な反響が集まりました。

あまりテレビでトークすることのない長渕さんの貴重なトークは、大ファンである大悟さんだけでなく視聴者にとっても嬉しいものとなったようです。

(文:Quick Timez編集部)