当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

YouTuber・ヴァンゆん、ヘビを使ったドッキリ企画が大炎上「生き物で遊ぶな」「最低で最悪」

スポンサーリンク
タレント

(※画像はイメージです)

8月22日公開のYouTube「ヴァンゆんチャンネル」。

人気Youtuberである2人の今回の投稿では、ヴァンビさんが寝ているベッドに大量の蛇を忍ばせるという寝起きドッキリの様子がアップされました。

しかし、生き物を道具として扱うような様子や、ストレスに弱い蛇を扱っていたことなどから視聴者からは批判が殺到。

炎上騒動となっているようです。

どのような内容だったのでしょうか。

スポンサーリンク

ヘビを使ったドッキリが炎上騒動に!?「ヴァンゆんチャンネル」の内容とは

8月22日公開のYouTube「ヴァンゆんチャンネル」。

人気YouTuberである2人の今回の投稿では、ヴァンビさんが寝ているベッドに大量の蛇を忍ばせるという寝起きドッキリの様子がアップされました。

登場した蛇は、ボールパイソンという体長1メートルを超える巨大蛇で、ゆんさんは専門家から蛇についての説明を受けた後に寝ているヴァンビさんのベッドに数匹の蛇を投入。

顔周りに気配を感じ目覚めたヴァンビさんが蛇の姿を見て飛び起き、見事にドッキリ企画は成功となりました。

しかし、この動画が視聴者の間で炎上騒動に。

《ヴァンゆんたまに動画見てたけど、蛇の件引いたわ。いっそのこと噛まれて痛い目見ればよかったのに。》

《とりあえず、ヴァン?ゆん?とかいうYouTuberの蛇をドッキリに使ったのは許せない。爬虫類すきって言うなら、蛇にストレスかかる事くらい分かれ》

《ヴァンゆん名前しか知らんけど、ドッキリで蛇使ってるのは大変おクソでございますね…生き物で遊ぶな、爬虫類大好き〜じゃないです》

《ヴァンゆんの蛇を使ったドッキリ、最低すぎる。 専門業者も、知識なかったのか、言えなかったのか分からないけど どちらにしろ無理。最悪。》

など、生き物をおもちゃのように扱う企画内容や、ドッキリ企画中に蛇が警戒態勢をとるなど蛇にとってかなりストレスになっていることが分かる様子だったことなどから、批判が殺到してしまう事態となったようです。

スポンサーリンク

爬虫類はストレスに弱い?適切な飼育方法とは

この日、蛇を使ったドッキリ企画の動画を投稿したことで炎上騒動となってしまった「ヴァンゆんチャンネル」。

視聴者の中には、「蛇はドッキリの道具ではないし、笑えない人がかなり多くいらっしゃいます。 爬虫類はストレスを感じやすく、それが原因で死んでしまう子もいるぐらい繊細な生き物達です。 そして、人間が体重をかければ死んでしまうぐらい弱い生き物です。 道具のように扱うのは辞めていただきたいと思います」など、爬虫類のストレスの弱さについて触れる声も。

爬虫類は気温によって体温が変化する変温動物であるため、気温や環境の急激な変化に弱く、なるべく環境が一定に保たれたケージでの飼育が推奨されています。

また、音や匂い・振動などにも敏感な生き物で、慣れている飼い主でもそっと刺激しないように優しく触れ合うなど、注意が必要な爬虫類。

今回の動画では、そんな繊細な生き物をドッキリ企画で使ってしまった事から批判が殺到してしまったようです。

この炎上騒動を受け、「ヴァンゆんチャンネル」のドッキリ企画に協力したボールパイソン専門店「vbp tokyo」の公式アカウントにも批判が殺到。

「vbo tokyo」は騒動を受け、「広く知れ渡って欲しい、多くの人に魅力を伝えたいという気持ちから、本来1番に考えるべき生体に対して、負担のかかるようなことをさせてしまった」「深く反省しております」と、謝罪コメントを発表しています。

一方、当のヴァンビさんとゆんさんですが現時点での謝罪コメントなどは無く、ゆんさんが「プロ監修の元、安全面に配慮して 撮影してるのでみんなそこだけ心配せず、楽しんでもらえる嬉しいです」とコメントを出しているのみとなっています。

視聴者の批判を受け、今後の動画作りには注意して欲しいですね。

(文:Quick Timez編集部)