当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

SixTONES・京本大我、『音楽の日』での”ディズニー曲”披露に批判の声「人選ミスやろ」

スポンサーリンク
ジャニーズ

画像:時事

17日に放送された「音楽の日」(TBS系)。

アイドルグループ・SixTONESのメンバーである京本大我さんが登場しましたが、そこでの歌唱シーンがネット上で話題となっています。

一体、どのように話題となったのでしょうか?

スポンサーリンク

京本大我、ディズニーソングが不評

17日に放送された「音楽の日」(TBS系)。

2011年3月11日に発生した東日本大震災の復興のため、『一つになって歌の力でニッポンを元気づける』というコンセプトの元、同年から放送が開始された同番組。

毎年夏に開催されていましたが、震災から10年の節目となる今年は3月11日にも「特別編」が放送されたため、今回が12回目の放送となりました。

今回の「音楽の日」は“みんなを笑顔にする「Wa!」”がテーマとなった、約8時間の生放送。

同番組の名物企画でもあるメドレー曲が今年も披露され、斉藤由貴さんの「卒業」、Foorinの「パプリカ」などが注目を集めましたが、中でも目玉となっていたのが、番組内でも恒例となっている「ディズニーメドレー」。

今年は歌手のAIさん、アイドルグループ・SixTONESの京本大我さんによる「A Whole New World」や、声優の山寺宏一さんの「フレンド・ライク・ミー」など5曲が披露されました。

普段の歌番組などでは決して見られない歌唱のためどれも話題となりましたが、特にネット上で話題となったのが、AIさんと京本さんによる「A Whole New World」の歌唱シーン。

SixTONESの京本さんといえば、父に俳優の京本政樹さんを持ち、その端正な顔立ちなどでメンバー内でも特に注目されている人物です。

ですが、今回はその京本さんの歌唱が一部の視聴者から不評となっていたのでした。

スポンサーリンク

視聴者の意見と“ミュージカル俳優”としての実力

このディズニーメドレーを実際に見ていた一部の視聴者からはネット上で、

≪京本大我のA Whole New World下手すぎてやばいな。英語がやばい。しゃくりすぎ。合ってないな。≫

≪京本大我?誰だこの下手なやつ≫

≪京本大我?さん、今回はキーが合ってなかったというか、わざわざ高いキー歌わん方が良かった感があるな。人選(選曲)ミスじゃないか?≫

≪京本大我歌下手やな、まず英語が下手≫

≪たまたまテレビ付けてたけど京本大我下手すぎてこれは歌に合ってない、人選ミスやろ≫

≪京本大我って人…下手すぎでしょ…これは酷い≫

など、批判的な意見が寄せられていました。

とはいえ全体で見てみるとネガティブな意見は少なく、実際に昨年の「音楽の日」ではミュージカル女優の昆夏美さんと共に、ライオンキングの楽曲「愛を感じて」を見事に歌い切っていた京本さん。

自身もブロードウェイミュージカルの主演経験があったりと実績もあるため、今回のようなアンチコメントを気に掛けるのは杞憂かも知れませんね。

(文:Quick Timez編集部)