当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

橋下徹「恥ですよ」小山田圭吾の『続投』を決定した五輪組織委員会を糾弾

スポンサーリンク
タレント

画像:時事

先日、障がいを持っている生徒をいじめた過去があったとしてSNS上で批判が巻き起こったミュージシャン・小山田圭吾さん。

しかし、東京五輪の開閉会式の制作スタッフから辞任しない方向が組織委員会から発表されるとさらなる批判を集めていること19日の「めざまし8」(フジテレビ系)が特集しました。

すると、元大阪府知事の橋下徹氏がこの問題に持論を述べるシーンが。

スポンサーリンク

橋下徹、小山田圭吾『続投』を決めた組織委員会を糾弾「恥ですよ」

19日、SNSで批判が集中しているミュージシャン・小山田圭吾さんのいじめ問題を特集した「めざまし8」(フジテレビ系)で、コメンテーターの元大阪府知事・橋下徹氏が組織委員会の対応について持論を述べました。

この問題は先日、東京五輪の開閉式演出を担当している小山田さんが過去音楽誌に障がいを持つ同級生に対し、排せつ物を食べさせたり自慰行為を強制させるなどの凄惨ないじめ行為を繰り返していたことを語っていたことが、SNSを通じて批判されたもの。

各界からも批判の声が上がりましたが、小山田さんを選出した組織員会が小山田さんの続投を表明すると、さらに非難の声を集めていました。

この事態に橋下氏は「オリンピックのこれまでの全てのゴタゴタ、その原因は組織委員会にあるなと痛切に感じました」、「あまりにも組織委員会の感覚と国民の感覚がずれている」と続投を決定した組織委員会を非難。

「武藤事務総長はオリンピックやるしか考えてない。もしこの楽曲を世界に配信したら恥ですよ」と、厳しい言葉で組織委員会の対応に言及しました。

また橋下氏のコメントは小山田さんのいじめにも。

橋下氏は「反省して社会復帰してもらいたい」としつつ、「小山田さん、これまでにどういう償いをやったかですよ」、「今に至って反省しましたはそれはダメですよ」と小山田さんにいじめを清算する行動がなかったことを指摘。

さらに、性犯罪を犯した教員が職場復帰できない例を挙げてパラリンピックの場は「相応しくない」と突き付けたのでした。

度重なる組織委員会の対応の甘さに眉をひそめた橋下氏。

「時間がないって言うんだったら1964年の『オリンピックマーチ』の切り替えればいいじゃないですか」、「なんでそれくらいやらないんですか!恥ですよ!」と終始組織委員会へ批判の言葉を浴びせていました。

スポンサーリンク

「ごもっとも」組織委員会への批判が強まる

小山田圭吾さんによるいじめ問題の対応を厳しい言葉で批判した橋下徹氏。

すると、橋下氏のコメントに番組を観ていた視聴者が続々と反応し、

「橋下徹、キレッキレやな。でも今回のコメントは橋下が一番正しい。これを辞任させないのは日本の恥やろ」

「いじめてた小山田本人が糾弾されるのは当たり前で、橋下さんのおっしゃることはごもっとも」

「批判されてから『反省してます』というのは信用できないのであって…それを完全に批判できない芸能界も腐ってる。この番組も橋下さんと永島アナくらいしかまともなのいない」

などと、橋下氏に共感を寄せるコメントが多く集まりました。

「芸能界でも先週末から報道されている小山田圭吾のいじめ問題。しかし芸能界では意見が割れているようで『20年以上も経過したことを今更』という意見も。しかし世間の声は芸能界とは違い批判の割合が強いように感じます。それはやはり橋下さんもおっしゃっていましたが、取って付けたような謝罪の言葉では納得しないということなのでしょう」(芸能ライター)

オリンピック開催まで数日に迫った中でのいじめ騒動。

これまでの対応と合わせて、組織委員会には今後も厳しい目が向けられるのは間違いないのでしょう。

(文:有馬翔平)