当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

『ドラゴン桜』、シーズン1との内容の違いに視聴者困惑「もうこれ半沢直樹じゃん」

スポンサーリンク
TV番組

画像:時事通信フォト

4月25日放送の「ドラゴン桜」(TBSテレビ系)。

当番組は、2006年に放送された人気ドラマの久しぶりの続編と言うこともあり、放送開始前から注目を浴びていましたが、そのシーズン1との内容の違いに、視聴者からは様々な反響があったようです。

「半沢直樹かと思った」「もうこれ別物のドラマじゃん」などの声が集まっています。

どのような内容だったのでしょうか。

スポンサーリンク

「もうこれ半沢直樹」 15年振り続編の「ドラゴン桜」に視聴者から反響

4月25日放送の「ドラゴン桜」(TBSテレビ系)。

当番組は、2006年に放送された人気ドラマの15年振りとなる続編と言うこともあり、放送開始前からかなり期待が寄せられていました。

しかし、シーズン1では東京大学に合格するための物語として、受験対策や勉強のテクニックを中心とした、ほのぼのとした内容がメインの放送でした。

一方、今回放送開始したシーズン2では、SNSの闇という現代特有の問題を取り入れたり、1話の終盤で生徒が阿部寛さん演じる担任・桜木を海に突き落とすなどの衝撃的な展開に。

更には黒幕がいることが発覚するなど、日曜劇場(※TBSテレビ系で日曜21時に放送されるドラマ枠)の作品らしい人間ドラマが繰り広げられる内容となりました。

これを見ていた視聴者からは、

「半沢直樹かと思ったけど、これドラゴン桜だったわ」

「もうこれ別物のドラマじゃん」

「こんなのドラゴン桜じゃない。原作とはまるで違うし、生徒はみんな陰キャラ。敵がいっぱいいて話は暗い。半沢直樹を狙ったんだろうけど迷惑だ。」

「これはこれで面白いけど、前作と違い過ぎるから良いような寂しいような複雑な気持ちにはなるなぁ」

「前回シリーズのほのぼの雰囲気を期待していただけに、今回は半沢テイストなのがちょっと残念。」

「半沢と同じ監督の作品なだけにドラゴン桜というより『日曜劇場』的な色が強く出てしまっていた印象。」

「別物としては面白いけど、ドラゴン桜である必要なかった」

など、「半沢直樹」を思わせる展開への指摘など、様々な反響が集まったようです。

スポンサーリンク

長澤まさみに紗栄子もサプライズ登場!衝撃展開に期待する声も

今回、待望の続編が放送されたもののシーズン1とは大きく異なる内容に様々な反響が集まった「ドラゴン桜」。

一方、シーズン1のキャストとして出演していた女優・長澤まさみさんが、シーズン1と同じく水野直美役を続投する形でシーズン2に出演となったことも話題に。

また、シーズン2の1話では、シーズン1の生徒役の一人であった紗栄子さんもサプライズ登場するという演出が発覚しました。

長澤まさみさんだけでなく紗栄子さんも登場し、シーズン1のキャストの出演が続いた展開に、視聴者からも喜びの声が。

「毎週日曜にまさみさまの演技拝めるの本当に幸せ」

「直美ちゃんが立派な大人になってなおかつ美しくて可愛いの本当に最高」

「2人とも16年の時を経て可愛い女の子から本当に素敵な女性になったねぇ」

「もしや第1シーズン全員出るかも!?」

「前のキャストちょこちょこ来る?山P登場期待できるかも」

など、シーズン1キャストの登場を期待する声も見られています。

まだシーズン2は始まったばかりですし、今後どのような展開になるのか再び注目が集まりそうです。

(文:Quick Timez編集部)