当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

古市憲寿、松山英樹のグリーンジャケット姿にアリエナイ一言

スポンサーリンク
タレント

画像:時事通信フォト

今週月曜日、アメリカで開催されていたゴルフ界最高峰の大会「マスターズ・トーナメント」でアジア人初の優勝を飾った松山英樹選手。

昨日、優勝者に贈られるグリーンジャケットを着込んで会見に臨んだ様子を15日の「めざまし8」(フジテレビ系)が放送。

すると、番組コメンテーターの古市憲寿さんの一言に谷原章介さんら出演者があわてふためく事態が。

スポンサーリンク

古市憲寿、松山英樹のグリーンジャケット姿に「一見、添乗員さんみたい」

15日、今週月曜日にアメリカで行われていたゴルフ「マスターズ・トーナメント」でアジア人として初優勝を飾った松山英樹選手の会見を取り扱った「めざまし8」(フジテレビ系)。

グリーンジャケットに身を包んだ松山選手の姿に、番組コメンテーターの古市憲寿さんがとある疑問を口にしました。

この日、オープニングで昨日松山選手が開いた優勝会見が話題に上った同番組。

すると、コメントを求められた古市さんは「僕は全然観てないんですけど、周りのおじさんたちがすごくて」、「みんな『日本が変わる』って。それだけいいニュースだったんだなと思いました」と発言。

また、元大阪府知事の橋下徹氏から「ゴルフやらないんですか?」と尋ねられると「やらないですね」とも。

ゴルフの話題に明るくない様子の古市さんは、その後松山選手が着用していたグリーンジャケットに注目し「このジャケットを着ることが名誉なんですか?」と番組MCの谷原章介さんへ問いかけ、そして「一見、添乗員さんみたいに見えてしまいますけど、これがすごい素敵なんですね?」というコメントを口に。

優勝者のみが袖を通すことを許されたグリーンジャケットを制服と同列に扱うような発言に、谷原さんら出演者らは大慌て。

「いやいやいや…旅行代理店じゃないから。初めて日本に来たんですよ?」と古市さんの発言に釘を刺していました。

スポンサーリンク

格式高い一着をあしらう発言に「根性が腐ってる」

格式高いグリーンジャケットを「添乗員さんみたい」と表現した古市憲寿さん。

谷原章介さんら出演者が即座にフォローするも、番組を観ていた視聴者はこの一言に激怒。

「古市、グリーンジャケット知らんのかいな。そんなに名誉なんですか?って何?」

「古市が、松山選手の外線インタビューを見て、グリーンジャケットって旅行会社の添乗員みたいだとバカにしている。このアホにつける薬はないのかね。日本には幼稚園レベルのジョークしか言えないやつがあふれている」

「どれだけ名誉なことか理解してない。朝から不快で不快で仕方がない」

「グリーンジャケット知らなくても、映像で観てたらどれだけ名誉なのかくらいは想像がつくと思うんだけど。イラっとするトンチンカンな発言をやめてほしい」

「古市とかいう変なコメンテーター、情報番組出ててゴルフ知らないなら知らないの一言でいい。マスターズの話題で、おじさんとかグリーンジャケットを添乗員だの、松山選手の快挙どころかゴルフをバカにしている」

「やっぱり古市の根性って腐っとるな。とくダネ終わって少しは発言も大人しくなると思ったけどダメだったわ。もうチャンネル替えます」

などと、批判が殺到する事態に。

ゴルフの経験はおろか、知識もない様子だった古市さん。

グリーンジャケットの見た目に関する自身の感想は蛇足だったようです。

(文:有馬翔平)