当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

加藤浩次、空手パワハラ報道をフォローする声に喝「何もアップデートできてない」

スポンサーリンク
タレント

画像:時事通信フォト

空手女子日本代表で、東京オリンピックで金メダル獲得を期待されている植草歩選手。

先日、空手の師である全日本空手道連盟強化委員長・香川政夫氏からパワハラ的な言動を受けていたことを明かしたことを1日の「スッキリ」(日本テレビ系)が特集。

すると、取材に応じた関係者に対し番組MCの加藤浩次さんが苛立ちを見せるシーンが。

スポンサーリンク

加藤浩次、パワハラ報道に「何もアップデートできてない」

1日、東京オリンピックで金メダル獲得を期待される空手女子日本代表・植草歩選手が、師である香川政夫氏のパワハラを訴えた事実を特集した「スッキリ」(日本テレビ系)。

植草選手と香川氏を知る関係者に取材を行った映像に、番組MCの加藤浩次さんが不満をぶつけるシーンがありました。

竹刀による稽古でケガを負ったほか、自尊心を傷つけられる言葉を香川氏から浴びせられたと主張する植草選手。

しかし、2人を知る関係者から「親子のような関係だった」、「竹刀は以前から持っていた」と香川氏の行動に理解を示すような発言が飛び出すと、加藤さんは眉をひそめました。

「今『スッキリ』のVTRで取材に応えてくれた人は強化部長の周りにいる人が多いなと。それで強化部長の周りの人の話を聞いていると『そういう練習法ありますから』、『仲良かったですから』。でも植草選手は自尊心を傷つけられるようなことを言われたと言っている」と、関係者の言葉を挙げました。

加えて「強化部長の周りの人の発言って何にもアップデートできてないじゃない、と僕は感じてしまった」と、2人を取り巻く環境にも問題があった可能性を指摘したのでした。

「今までずっとガマンしていてそれが普通だと思ったんだけど、違うんじゃないのということで今回の訴えだと思うのね」と植草選手の心境を推察した加藤さん。

「ずっとやっていた指導者を『別に今までもやっていたことですよ』って。でも、もう違うんだということを理解しなきゃいけない」と、関係者の意識改革を訴えました。

スポンサーリンク

関係者への問題指摘に「オリンピックどころではない」

空手界に浮上したパワハラ疑惑に対し、加害者側である香川政夫氏を知る関係者へ「アップデートできてない」と指摘した加藤浩次さん。

すると、加藤さんの指摘に番組を観ていた視聴者が反応。

「なるほど、化石おじさんたちが現状に何の疑問を持ってない。まったくアップデートできてないまま自分の考えを強要していたということか」

「加藤さんよく言った!強化部長の周りの意見を聞いて怖くなったのは私だけじゃないはず。昔からあるからヨシなんて、違うでしょう?」

「お、これは加藤浩次の発言に尽きる。今までこうだったらから…ってことじゃなくて、これは変だ、これは嫌だってことは止めていかなくちゃね」

「選手が師範の前でイヤな顔できるわけないじゃん。それを見ただけで仲良かったとか親子みたいだなんて…周囲の人間もやってることは強化部長と同じだよね」

などと、加藤さんの発言を支持する声が上がました。

オリンピック開催まで4か月をきった中で浮上した、新たなスポーツ界のパワハラ疑惑。

問題は子弟の関係だけではなく、周囲の環境にまで及んでいるのかもしれません。

(文:有馬翔平)