当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

ハリセンボン近藤春菜「なんなんすか」いきものがかりのサプライズへ涙のクレーム

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事通信フォト

残り7回の放送で「スッキリ」(日本テレビ系)のMCから卒業するハリセンボン・近藤春菜さん。

慣れ親しんだ番組との別れを1週間前に控えた18日、近藤さんの卒業を祝うために「いきものがかり」が5年ぶりの出演。

新曲「TSUZUKU」を生放送で披露し、近藤さんの涙腺を崩壊させました。

スポンサーリンク

ハリセンボン近藤春菜、『いきものがかり』のサプライズ演奏に涙「なんなんすか?」

18日、来週末で「スッキリ」(日本テレビ系)でおよそ5年間担当したMCから卒業するハリセンボン・近藤春菜さんのために「いきものがかり」が登場。

新曲「TSUZUKU」を生放送でパフォーマンスしました。

この日、5年ぶりに同番組に出演した「いきものがかり」。

ボーカル・吉岡聖恵さんが「『さよなら』しても力強く生きていくというメッセージ」と思いを込めた新曲「TSUZUKU」を歌い上げると「もう刺さっちゃって刺さっちゃって。ちょっとグッときちゃいました」と、近藤さんはコメント。

そして、「来ていただいて歌っていただいたことが…本当にスタッフの方だったり、いきものがかりさんだったり、演者のみなさんだったり愛だなと思ってなんて幸せもんなんだなって思ってね」と声を詰まらせて「人生の中でこの5年間が忘れないし、大事だし、でも笑顔で笑っていようと言うのもすごい刺さって」と、MCを担当したこの5年間を振り返りました。

「これから先、4月からの私は笑っていたいし、『スッキリ』のみなさんにも笑っていてほしいと、刺さっちゃって刺さっちゃって」と、「いきものがかり」のプレゼントに喜んだ近藤さん。

「なんなんすか?いきものがかりさん」と涙を流しました。

スポンサーリンク

ひと足早い卒業メッセージに「もらい泣きした」

「いきものがかり」の新曲「TSUZUKU」に、自身の卒業を重ねて大粒の涙をこぼした近藤春菜さん。

今にも卒業するのではないかという雰囲気にその後、ナレーションの南海キャンディーズ・山里亮太さんも「卒業来週だよ?持つ?」と冗談を口に。

しかし、近藤さんのコメントに、番組を観ていた多くの視聴者も胸を打たれたそうで、

「いきものがかりTSUZUKU生歌唱めっちゃ良かった…春菜の涙につられて私ももらい泣きしちゃった。めっちゃ刺さる…良き…」

「4月から、水卜&春菜コンビが仕事行く前に観られなくなるのは、本当にさみしい。朝からこんなに笑える楽しい番組、他に知らない」

「やはり春菜さんがいなくなるのはさみしすぎる。あの切り返しは春菜さんしかできないよ~。さみしいな~」

「メンバーの仲良し感が伝わってきて、毎朝楽しかったなー。春菜と水卜ちゃんがいなくなるのはさみしいけど、あたしも早起きになるから水卜ちゃん見て引き続き頑張ります!」

「春菜…泣くよ。いろんな番組でいろんな別れがあるけど、春菜がいなくなるのはすごくさみしいな。別れがあって出会いがある時期になったんだね」

「TSUZUKUめっちゃ良かった。いきものがかりの人柄も素晴らしいし、春菜さんと水卜さんのコメントもめっちゃ良かった」

などと、もらい泣きする視聴者が続出しました。

加藤浩次さん、水卜麻美アナウンサーとともに朝の顔として支持を得ていた近藤さん。

「4月からの私は笑っていたい」と卒業へ心の整理を行ったことに、多くの視聴者が改めて卒業が迫っていることを肌で感じたのかもしれません。

(文:有馬翔平)