当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

石原良純、森喜朗氏の『擁護発言』で大炎上!差別発言を容認し「頭わいてる」「差別主義者」の声

スポンサーリンク
タレント

画像:時事

先週、相次いで失言を口にした東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長・森喜朗氏が行った謝罪会見。

8日の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)が取り上げ、石原良純さんが持論を述べましたが、視聴者が反発している模様です。

スポンサーリンク

石原良純「不寛容な時代が怖い」森喜朗氏を擁護

8日、先週に相次いで失言を口にした東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長・森喜朗氏が謝罪会見後も批判が続いていることを「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)が取り上げると、番組コメンテーターのタレント・石原良純さんが森氏を擁護する発言を口にしました。

「人気タレントは田んぼを走ればいい」、「女性は競争意識が強い」などと多くの失言を重ねた森氏。

多くの批判を招いていることに急遽謝罪会見を行い失言を撤回した森氏でしたが、会場に集まった各報道メディアの記者らとの質疑応答で「面白くしようとしている」、「あなたはどう思いますか?」などと苛立った様子を見せたことで「逆ギレ会見」などとさらなる批判を招いたのでした。

森氏の謝罪会見が結果的に「火に油を注ぐ」状態にさせたことにコメントを求められた良純さん。

「今の時代に即していない。責任のある立場で口にするべきではなかった」と森氏の発言を批判しつつも「ただ僕はその中で今の世の中は何か1つがあった時に不寛容というんですか、1つのことで何も許さない」、「トラブルがあったりミスをするけれども、人が助け合って乗り超えていくという部分があまりにもなくなっている」と、国内全体の人間関係の希薄さを危惧。

そして「経験者の知恵というのもあることも事実なので、森さんの発言ではなく不寛容な時代というのが怖い」と、「不寛容」という言葉を再度使用して批判が続いている現状に首を傾げたのでした。

すると良純さんの発言に対し番組コメンテーターの玉川徹氏は「寛容、不寛容の話ではない」、「許すということになれば認めることになるので、孫娘さんが泣いて『辞めて』と言ったのがスタンダードですよ」と反論しました。

スポンサーリンク

石原良純の『不寛容』指摘が大炎上…「頭わいてるのか?」

森喜朗氏の発言に批判が続いていることに対し、「不寛容な時代が怖い」と批判している側の問題点を指摘した石原良純さん。

玉川徹氏から即座に「寛容、不寛容の話ではない」と反論を受けましたが、番組を観ていた視聴者も良純さんのコメントに反応を示し、

「ミスとかトラブルとかそんな生温い話じゃないだろう…これを認めたら差別まで認めんだぞ?頭わいてるのか?」

「思わずテレビ消しましたよ」

「既得権益を持つ人のバカな行動を世論は許し続けろと言っているのでしょうか?」

「さすがこの間アニキが入院しただけはあるな。良純もあっち側だからこんな腑抜けた発言したできないのだろう」

「なんだコイツ!差別を認めろってか」

「石原良純が身内に甘いというのがここ数週間で理解できた。人に不自由を押し付けておいて、自分たちは自由に上級国民生活ですかそうですか」

「マジで何考えてるのコイツは」

「良純は一番まずい形の擁護をしてて笑った…いや笑えないんだけどさ」

「ということは石原良純は差別主義者ということでいいんだな?」

などと批判が殺到し、たちまち炎上状態に発展しました。

先日は兄・石原伸晃氏の入院についての発言が批判を招いた良純さん。

失言を連発していると自身の番組降板も実現する可能性が高まるのではないでしょうか。

(文:有馬翔平)