当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

石原良純、方針大幅転換の分科会へ「あまりにも無責任」と批判

スポンサーリンク
タレント

画像:時事

首都圏1都3県に依然として発令されている緊急事態宣言の2週間の延長に入ったことを8日の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)が特集。

延長にあたって政府の分科会が方針転換を図ったことを伝えました。

スポンサーリンク

石原良純、方針大幅転換の分科会へ「あまりにも無責任」

8日、新型コロナウィルスの感染状況が好転しないことから緊急事態宣言の再延長期間に入った首都圏1都3県を特集した「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)。

緊急事態宣言再延長とともに方針を転換した分科会の対応に、番組コメンテーターのタレント・石原良純さんが批判を展開しました。

「県と国、それぞれに思惑があるのでそこが一番重要じゃなくて、今日のこの話の中にあるのは2つ話。コロナと政治の話が混在している」、「僕はコロナの中の政治の話は『へえ』と思って聞いているけど」と、この日コロナ禍の政治トピックスは重要ではないとした良純さん。

「それよりもコロナの話の中で分科会が一大転換をしたって僕ら読み取ったじゃないですか。転換するなら、転換する責任があるんですよ。」と分科会の対応へ首を傾げたのでした。

さらに、良純さんの辛らつなコメントは止まらず「あまりにも無責任だと思う」、「特定地域を云々というのは去年8月の歌舞伎町ですよね?あの時やればよかったじゃないかという話ですよね?」と、分科会への不満をカメラに向かって述べ続けました。

加えて、「今後、危機管理という話が出てくるのかもしれませんがこれが、生かしきれない組織だってわからないですよ、国であれ都であれ」と、分科会の提言を受ける自治体へ同情を寄せました。

スポンサーリンク

分科会へ不満大爆発も「いつまで寝言を言い続ける気だ」

分科会の方針転換を募った不満を爆発させた良純さん。

良純さんのコメントに「確かに分科会にも果たすべき責任はある」、「良純がまともなこと言ってる」と番組を観ていた視聴者からは賛同の声が上がった一方、コメントの内容にあきれる様子の視聴者も。

「良純はやたら分科会に厳しいな。」

「良純が方針を転換した分科会に怒りを口にしていた。よくわかるが検査や入院で国民との格差を見せつけた実兄に対する怒りがなかったのは、まったく理解ができないな」

「良純、年始から何かについて分科会ばっかりディスっているが個人的恨みかい?」

「分科会がどれだけ言っても判断するのは政治家。分科会を責めるだけじゃなくて、政治家も責めなさいよ」

「石原良純さんって分科会になんか恨みでもあるんかな?責任を取るのは政府でしょ?やっぱりお兄ちゃんがいる自民党を批判されるのはいやなのかな?」

「石原良純。今言ったことをアニキにも言えよ」

「いつまで良純は寝言をテレビで言い続けるんだ」

などと、厳しい言葉が相次いで寄せられました。

「今年1月、良純さんの兄で自民党所属の議員である石原伸晃氏が新型コロナに感染した際、スムーズに検査・入院に至り批判を受けたことがありました。しかし良純さんは兄の入院に対し『ラッキーだった』とコメントして、即入院できた背景を語ることはありませんでした。今回、政府ではなく分科会にのみ怒りの矛先を向ける良純さんの言動に、また身内びいきしていると感じた人が少なくなかったということではないでしょうか」(芸能ライター)

以前も、身内のいる政府へは柔和な態度を見せた良純さん。

今回も分科会へ責任を全て押し付けるようなコメントが身内への「忖度」と受け止められたようです。

(文:有馬翔平)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タレント
SNSで最新の記事を受け取る
シェアする
Quick Timez