当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

坂上忍、ソーシャルディスタンス無視の行動に視聴者悲鳴「人のことばっか言ってんじゃねえ」

スポンサーリンク
タレント

画像:時事

先週、国会で行われた参院予算委員会で国民民主党・伊藤孝恵副代表から自民党本部での会議が「密」と指摘されたことを2日の「バイキングMORE」(フジテレビ系)が紹介。

しかし自民党本部での会議だけではなく国会内での議員の行動に感染対策を無視した行動が見られることに、番組MCの坂上忍さんが持論を述べました。

すると坂上さんのコメントに視聴者が反発、さらに放送中に坂上さんが起こした行動に悲鳴が上がる事態に発展しました。

スポンサーリンク

坂上忍、『密』になりたがる政治家を一刀両断

2日、先週国会で行われた参院予算委員会で国民民主党・伊藤孝恵副代表が自民党本部で開催された会議が「密」と指摘したことを「バイキングMORE」(フジテレビ系)が紹介、国会議員らの感染対策を無視した行動の数々に番組MCの坂上忍さんがコメントを述べました。

先月19日に自民党本部で開催された新型コロナ対策会議。

アルコール消毒や換気などの感染対策は取っていたとの説明が後にありましたが、会場内は議員同士が向かい合う形になり、さらに隣同士で肩が触れ合うほど密集状態になっていたのでした。

テレワークを推奨する政治家たちが密になる映像に、街中からも「明らかに密」、「言動が矛盾している」など厳しい声が上がりましたがずさんな行動を取っているのは自民党所属の議員だけではなく、野党議員も国会でヤジを飛ばしたり議長に詰め寄ったり、また議会終了後に出口に殺到したりと目に余る行動を取っていました。

国民を代表する人物らの行動をスタジオで観ていた坂上さんは開口一番に「それにしてもですよ、どうなってるんでしょう」とあきれた様子。

さらに「国民に我慢をお願いする、強いる立場ならだったら範を示してくださいよ」と批判しました。

その後、政治ジャーナリスト・泉宏氏から「みんな自分の選挙運動というものを考えているんですよ。あいつはいたのに俺はいなかった、あいつが発言したということをものすごく気にするんですよ」、「テレビに映っている場面があるとそれを選挙区で流す。そういう発想だからリモートと言っても関心がない」と、政治家らが頑なにテレワークを拒絶するのは選挙絡みであることが解説されると、坂上さんは「国民に透けて見えるからしらけるんですよ」、「結局あの人たちは国民の命、生活よりも自分が当選することを第一に考えているんでしょ」と語気を強めて批判を重ねました。

スポンサーリンク

坂上忍、伊藤利尋アナに急接近で視聴者悲鳴

国会議員らがずさんな感染対策の数々を取る背景に選挙活動の思惑があることに対し、「範を示してください」と批判した坂上忍さん。

しかし坂上さんの批判に番組を観ていた視聴者からは冷めた声が。

「坂上…おまえもいい加減マスクしろや」

「坂上『国会議員はリモートにしろ!』僕『バイキング出演者もリモートにしろ!』」

「国会議員もだけど、ワイドショーの意識の低さも大問題じゃない?」

「おまえも範を示せよ!人のことばっか言ってんじゃねえ!」

「国会議員批判しているそばからブーメラン戻ってきて草」

「まあ、正直どっちもどっちだなw」

などと辛らつなコメントが殺到したのでした。

さらに放送中には、伊藤利尋アナウンサーに坂上さんが接近し伊藤アナが持っていた資料をかすめ取るソーシャルディスタンスを無視するシーンもあり、視聴者からは「やめて!」、「ディスタンス!」などと悲鳴が上がっていました。

行政、立法、司法に続く「第四の権力」とも言われるメディア。

情報番組の司会者を務める以上、坂上さんも感染対策には細心の注意を払わなければならないのではないでしょうか。

(文:有馬翔平)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タレント
SNSで最新の記事を受け取る
シェアする
Quick Timez