当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

真木よう子、ドラマ『青のSP』に出演も…胸が大きすぎて視聴者困惑「集中できません」「目がいっちゃう」

スポンサーリンク
俳優

画像:時事通信フォト

1月19日に放送されたドラマ「青のSP」(フジテレビ系列)。

女優の真木よう子さんが学校を舞台としたドラマに、教師役として出演しています。

しかし、視聴者から胸の大きさが気になりドラマに集中できないと言う声が多い様子。

一体、どういう事でしょうか。

スポンサーリンク

真木よう子、演技よりも胸に目がいく視聴者続出「集中できない」

1月19日に放送されたドラマ「青のSP」(フジテレビ系列)。

女優の真木よう子さんが学校を舞台としたドラマに教師役として出演しています。

教師役を演じるだけあり、真木さんは終始ジャケット姿。

この日の放送回では、山口紗弥加さん演じる妊娠3カ月の英語教師・水野楓の机の引き出しから、ネズミの死骸が発見され犯人探しに真木さんが奔走するといったストーリー。

ジャケットに身を包んでいるにもかかわらず、否が応でもその胸の大きさが強調される真木さん。

学園エンターテインメントもののドラマで生徒思いな熱血教師役を演じており、藤原竜也さん主演であるものの、それに準ずる形でカメラに映るシーンが多い役どころです。

校内を階段で駆け下りる場面や、倒れ込む水野さん役を演じる山口さんにかけよるシーンなど、その豊満なバストが揺れてしまう姿に、視聴者らは

《真木よう子、胸大き過ぎて集中できません。》

《真木よう子さんスタイル良すぎ。青のSP見てる時も走ってる演技の時に前のめりになって胸に目がいってまう》

《毎日青のSP放送してほしい。》

《てか、真木よう子胸でかくね?そればっか気になるわ》

《青のSP面白いんだけど、真木よう子走る度に話に集中出来なくなる。》

《青のSP、どうしても真木よう子の胸の大きさが気になる。今まで気にしたことなかったんだけど、服装のせいかな…》

など、ストーリーに集中できなくなる視聴者からの書き込みが後を絶ちませんでした。

スポンサーリンク

真木よう子、自身の体型に悩んだ過去を暴露

スタイルの良さが災いし、ドラマの内容や演技そのものよりその胸に注目が集まりがちとなる真木さん。

1月6日に放送された「突然ですが占ってもいいですか?」(フジテレビ系列)では、20代の時の「胸が大きいとかそういうことで評価されたくない」と、悩んだ過去を語っています。

しかし、マスコミではその部分のみがクローズアップされる事が多く、「(胸の事について)言われるほどイヤだった。一時期は女優をやめようと思っていた」と知られざる過去の苦悩を明かしました。

真木さんは、同世代の安達祐実さんに憧れて芸能界入りを希望します。

実力のある俳優を輩出している仲代達矢さん率いる「無名塾」の入塾審査に合格した事がきっかけで芸能界入りするほど、その才能は高く評価されていました。

演技ではなく、容姿にばかり注目されることに息の詰まった思いをしていたのでしょう。

スタイルが良すぎるというのも考えものです。

(文:Quick Timez編集部)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
俳優
SNSで最新の記事を受け取る
シェアする
Quick Timez