当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

『ものまねグランプリ』、コロッケ優勝でヤラセ疑惑が浮上…「全然面白くなかった」「忖度を感じる」との声

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事通信フォト

12月22日放送の「ものまねグランプリ ザ・トーナメント2020」(日本テレビ系)。

毎年年末に放送され、たくさんのものまね芸人がネタを披露することで人気の当番組。

今年も荒牧陽子さん、ホリさん、Mr.シャチホコさんなど、多くの優勝候補がいる中で番組は大盛り上がりを見せました。

そんな中、2020年のチャンピオンに選ばれたのは、ベテランものまね芸人のコロッケさん。

今年大ヒットしたLiSAさんの「紅蓮華」に合わせてものまねを40連発し、スタジオから高い評価を得て優勝したコロッケさんですが、視聴者からは疑問の声が。

「全然面白くなかった」「コロッケ40周年と聞いて、忖度を感じた」などヤラセ疑惑も浮上しました。

どのような内容だったのでしょうか。

スポンサーリンク

ベテラン芸人コロッケ、「ものまねグランプリ」優勝も…視聴者からは不満の声

12月22日放送の「ものまねグランプリ ザ・トーナメント2020」(日本テレビ系)。

毎年年末に放送され、たくさんのものまね芸人がネタを披露することで人気の当番組。

今年も荒牧陽子さん、ホリさん、Mr.シャチホコさんなど、多くの優勝候補がいる中で番組は大盛り上がりを見せました。

決勝戦では、声優の山寺宏一さん・ものまね芸人の神無月さん・チョコレートプラネットなど、常連メンバーが勝ち上がり爆笑ネタを披露。

その中から2020年のチャンピオンに選ばれたのは、ベテランものまね芸人のコロッケさんでした。

コロッケさんは、今年大ヒットしたLiSAさんの「紅蓮華」に合わせて、森進一さん・福山雅治さん・野口五郎さんなどお馴染みのものまねを40連発。

スタジオから高い評価を得て見事優勝となりました。

しかし、視聴者からは疑問の声が。

「全然面白くなかったのに優勝しちゃったよ」

「コロッケのネタって昭和で止まってて古いんだよな」

「代わり映えしないネタ。チョコプラの方が面白かった」

など、批判的な声が多かったようです。

また、コロッケさん自身が「芸歴40周年のすべてを出して」と発言していたことや、審査員を務めた関根勤さんが「40周年っていう記念の年に優勝できて良かったです」とお祝いしたことなどから、

「コロッケ40周年と聞いて、忖度を感じた」

「40周年記念おめでとうって、もう最初から優勝決まってたやん」

などヤラセ疑惑も浮上しました。

とは言え、ベテランものまね芸人であることは間違いないコロッケさん。

来年は是非、斬新なネタを見せてほしいですね。

スポンサーリンク

コロッケ優勝に疑問が上がる中、「毎回楽しみ」「これ見ないと年越せない」と評判のあの人とは?

今回放送の「ものまねグランプリ」では、使い古したネタでの優勝にヤラセ疑惑が出てしまったコロッケさん。

その一方で、毎年「毎回何をしてくれるか楽しみ」「これ見ないと年越せない」などと評判になっているものまね芸人が、神無月さんです。

神無月さんは毎年、その年に話題になったものを絶妙な切り口で選び、新ネタとして披露しています。

今年の一回戦では大人気となった「鬼滅の刃」の禰豆子を、決勝戦ではハリウッドザコシショウさんのものまねをし、笑いを誘いました。

他の芸人たちが優勝を狙って本気のものまねを披露する中、常に新しいネタや時事ネタに挑戦する神無月さんに、評価する視聴者も多いようです。

「神無月が優勝が良かったって毎年言ってる気がする」

「もう神無月が何してくれるかだけ楽しみにしている」

と、固定ファンの感想も、SNSには多く見られました。

今年は残念ながら優勝とはなりませんでしたが、来年の新ネタも楽しみです。

(文:Quick Timez編集部)