お詫びと訂正
SNSで最新の記事を受け取る

サンド伊達「誰が観るの?」ただアレをするだけのトンデモナイ動画を公開も…50万再生突破の快挙

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

5月29日、お笑いコンビ・サンドウィッチマンが所属する事務所「グレープカンパニー」の公式YouTubeチャンネルが動画を更新。

伊達みきおさんが、とあるものを食べるだけの動画を公開しました。

ただ食べるだけの動画に「誰が見るんだよ」とツッコミを入れていた伊達さんですが、再生回数は驚異の50万回以上を記録するなど、思いの外人気が出ているようです。

ad
スポンサーリンク

サンドウィッチマン伊達みきお、ただ『カツ丼』を食べるだけの動画で50万再生を突破

5月29日、お笑いコンビ・サンドウィッチマンが所属する事務所「グレープカンパニー」の公式YouTubeチャンネルが動画を更新。

「サンドウィッチマン伊達がただカツ丼を食べるだけの動画www」と題した動画で、伊達みきおさんがカツ丼を食べるだけの動画を公開しました。

同動画は、軽快なBGMが鳴り響く中、コンビニで購入したと思われるカツ丼をひたすら食べるところを、定点カメラで撮影し、流すという内容。

冒頭から「いただきま〜す」と順調に食べ進めている伊達さんでしたが、途中、シビレを切らしたのか「誰が観るの?」とツッコミを入れます。

「誰が観てんだコレ」と視聴者層が分からないことを嘆く伊達さん。

しかし、「富澤の指示ですから…」と相方の富澤たけしさんからの指示であるため、遂行していることを強調。

その後も黙々と食べ進めていきますが「すんごい暇な人だと思うよ、コレ観てる人」と、伊達さんは終始、誰が観るのかが気になっている様子。

そんな心配とは裏腹に、再生回数は記事執筆時点で、驚異の57万再生越え。

《なんで面白いのか分からないけど、面白い》

《何でこれで再生数稼げるのか疑問。本当に誰が観てるんだか》

《カツ丼食ってるだけで、急上昇に載るってすごいな》

《これが伸びると信じて指示をしたトミーさん(富澤さんの愛称)すごい》

《需要あるんだな笑》

このように、ネット上では様々な反響が寄せられ、視聴者の反応は悪くない様子です。

これもひとえに、伊達さんの人柄や好感度があってこそなせる技だと思いますので、一般のYouTuberや芸人が、ただご飯を食べる動画をアップしても、ここまでの反響にはならなかったでしょう。

 

スポンサーリンク

意外と需要がある?「食べるだけの動画」がYouTubeでは人気に

誰が観てるのかはっきりしない、「伊達さんがカツ丼を食べるだけの動画」をYouTubeで公開しましたが、意外と反響があることが明らかとなりました。

伊達さんの動画以外にも、YouTubeでは「ただ食べ物を食べるだけの動画」というものが数多く存在しています。

料理は多岐にわたり、オムライスや塩おにぎり、焼きそばといった家庭料理から、ミーゴレン(インドネシアの麺料理)、サムギョプサル、アヒージョなど多国籍な料理まで。

また、マクドナルドのハンバーガーや、UbarEatsで頼んだ商品を食べるだけという、出来合いの料理を食べるだけの動画もあり、それなりに需要はある模様です。

他人が画面越しに料理を食べるだけの動画を見る理由として、ダイエットやASMR(心地の良いサウンド)目的などが考えられます。

他人の食事風景を見ることにより、満足感を得て食べた気分になることで、食事を摂取しないという方法でダイエットするという方も。

一方で、咀嚼音や食事をする際の生活音が心地よいというASMRの側面もあり、癒しを求めて視聴する方も一定数いるようです。

しかしながら、食べ方が汚かったり動画として映えない場合には批判されますし、ダイエットの方も動画視聴により、かえって食欲が増してしまうというリスクも考えられます。

ただ食べるだけの動画が需要があるYouTube業界では、いまだに発掘されていないニッチなジャンルがあるのかもしれません。

(文:服部慎一)